ピクシブ百科事典

がんばれゴエモン3

がんばれごえもんすりー

がんばれゴエモン3はコナミのスーパーファミコンゴエモンシリーズの3作目である。正式名称は「がんばれゴエモン3 獅子重禄兵衛のからくり卍固め」。
目次[非表示]

概要

スーパーファミコン版がんばれゴエモンシリーズ第3作目となる作品
前作までと比べ、アクションRPG色が濃くなっており(アクションアドベンチャー)
ゴエモンインパクトのボス戦で、必殺技が出せるようになった。

今作の舞台は未来世界のネオ大江戸となっており、スチームパンクやサイバーパンクをパロディにしたような世界観である。

第4のプレイヤーキャラクターとしてヤエちゃんが初めて加わった作品である。

二人プレイも可能だがライフは共用しているのでどちらか敵の攻撃を食らうと一緒にダメージになる。

街や森といった場面は俯瞰視点移動(ゼルダの伝説に近い)で、敵拠点はサイドビューのダンジョン(メトロイドに近い)構成となっている。
特に敵拠点は4人の能力を駆使しないといけない場面がある。

アクション

  • 街・道中

俯瞰視点のアクションになっており、ほぼRPGのものと同一。町人と会話できる。

  • 敵拠点
これまでの横スクロールアクションに加えてダンジョン形式になっており、仕掛けを動かしたりして進まないといけない。
  • パニックステージ
巨大メカが奥から襲いかかってくる逃亡ステージ。からくりうぉーかーで攻撃をかわしながら一定距離を走破しなけらばいけない。
  • 激震インパクトステージ
強制スクロールのゴエモンインパクトで進むステージ。ややSTG寄り。
  • インパクト戦
お馴染みゴエモンインパクトで巨大メカとの対決。前作が燃料が減っていくタイマー+ライフだったのに対して、今作からは燃料はライフになった。必殺技が追加されインパクトのアクションが多彩に。

パロディ

本作の未来のマップ画面はゼルダの伝説風になっており
登場するメカ、からくりうぉーかーはFF6魔導アーマーに良く似ている。
激震インパクトステージは実はグラディウスが元ネタらしく、敵の出現パターンがそっくり。さらにはボスに沙羅曼蛇のボス・ゴーレムが「極悪宝船 ごうれむ」として登場。

BGM

がんばれゴエモン3では「うぉーかー工場」と「からくりタワー」のBGMが特に人気が高い。


ゲスト出演

大江戸ツーリストでは、他の作品のキャラが受付をしている
江戸時代では、ツインビーパステル
未来では、ときめきメモリアル藤崎詩織である
おまけに、どちらも声付きである

隠しボス

ゲームに登場する金銀の招き猫を全て収集し
ライフゲージを満タンにしてラストバトルをクリアーすると
通常エンディングでは無く、隠しボスかぶき・ふぉーえばーが登場する
招き猫は過去でとりのがすと、大抵は回収不可能になるので
意外とこの隠しボスを知らない人は多い
また、かぶき・ふぉーえばーを倒すと真エンディングとなり
エンディングの冒頭部分の変更に加え、通常に加えて1シーンが追加される

関連タグ

がんばれゴエモン タイムトラベル

pixivに投稿された作品 pixivで「がんばれゴエモン3」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5890

コメント