ピクシブ百科事典

ねぎ姉さん

ねぎねえさん

ねぎ姉さんは小林銅蟲によるweb漫画作品。
目次[非表示]

概要

当初は「あやしいわーるど」にて発表していたが、アップローダーが終了したため自身のサイトを立ち上げ掲載するようになった。
四コマ漫画の形式で描かれ、そのストーリーは脈絡がなく不条理な展開がほとんど。ブラックジョークやパロディも取り上げられている。
内容についてはインターネット上のコボコラ4コマ「異次元コボちゃん」の影響が大きい。
作中にひらがなののが登場する事が多い。このほか、特殊な手書き文字や図形がたびたび描かれる。
2009年5月9日に1000話達成。同年、香山哲が主宰するドグマ出版から「ねぎ姉さん10³」と題して、ねぎ姉さん以外の作品を含めた単行本が刊行された。
ライブドアの「デイリー4コマ」の16回グランプリで570話を投稿、優勝作品に選ばれたことで、作者がデイリー4コマ執筆陣に加わり、ねぎ姉さんを連載することとなった。(既に連載終了)
なお、作者はねぎを食べられないことを公表している。

登場人物

ねぎ姉さんを除くとレギュラーに相当する人物は存在しない。

ねぎ姉さん

主人公(のようなもの)。単に姉さんとも。頭に長ねぎが突き刺さったロングヘアの女性で、白いワンピースを着ている。
常に半目開きのような独特な目つきをしており、口はほぼ描かれていない。
初期は現在よりややリアルな作画で、口調も荒かった。また、もともとは手にねぎを持った状態で登場していたが、のちに頭の上に移動した。

黒ねぎ姉さん

黒いねぎ姉さん。素数の回に登場するが、一部素数ではない回にも登場する。


別名・表記ゆれ

ネギ姉さん ねぎねえさん ネギねえさん

関連タグ

めしにしましょう…同作者による初の長期雑誌連載作品。姉さんに似た人物が登場している。
コボコラ…本作に大きな影響を与えることになった、「コボちゃん」のコラージュ漫画


関連リンク

小林銅蟲公式サイト…ねぎ姉さん全話が公開されている
ズームイン…漫画内からランダムでコマを抜き出すプログラム
ドグマ出版…香山哲による自主出版レーベル。小林作品の単行本を刊行している

pixivに投稿された作品 pixivで「ねぎ姉さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59416

コメント