ピクシブ百科事典

またあした。

またあした

不器用な少女・ミナコが、サニーサイドアップ島の住民たちと色々触れ合って色々なことに直面しながらも少しずつ成長していくようなお話。
目次[非表示]

作品解説

ピクシブユーザーの本和屋奈子氏の、オリジナル作品の内のひとつ。
「サニーサイドアップ島」(英語で「(片面だけ焼いた)目玉焼き」と言う意味らしい)という島が舞台となっている。

またあした。関連のイラストでもオリジナルタグしかついていないものもあるので、すべて見たい場合は本和屋奈子氏の作品タグの「オリジナル」から見ることを推奨する。

夏のソレイユさんとミナコさん。

ジャンさんは根はいいお兄ちゃん。




登場人物

ミナコ

19歳。
ちょっとひねくれた性格の不器用な女の子。努力家で結構正直だが、言った後に後悔してしまうこともある。

振り回されるタイプ。ツンデレ。甘いものや可愛いもの好きな一面もあり、ソレイユ経由でジャンからもらったテディベアに「まめごろう」と名づけてかわいがっている。スレンダーで隠れ美人。
何でも平均的なため、これと言って得意なことがないのが悩み。

人付き合いは苦手だけど、 ソレイユとミトには素直な部分を見せる。
お風呂上りの髪は多分自然乾燥。

父親はピアニストで、ミナコは彼を目標に周りの期待を背負って日々励んでいたが、飛行機事故で亡くしてから目標を見失ってしまった。見かねた祖父の援助のもと、ソレイユと同居している。彼女に対しては憧れた部分があり、色々お世話になっている。

ソレイユやトール、ジャンから料理を教わっている。
料理の腕は、ジェフの作るクッキーと比べたらミナコのクッキーの方が美味しい……多分。ちょっとかたいとかそんな感じ。
ピーマンは嫌い。



ソレイユ(Soleil)

21歳。
笑顔を絶やさない穏やかな元お嬢様(自立していると言う意味で)。裕福な家の生まれで、音楽や作法など色々教育を受けている。
日本人の父とフランス人の母の間に生まれたハーフ。身長は160cm台。胸が大きい。小さい頃は髪が短め。
酔うと抱きつき魔になるが、起きたらもうその時の記憶がない。

ちょっと天然で寛大で呑気な性格で、歌うことと家事が好き。絵のセンスがすさまじい。
何も考えていないんじゃないかってくらいにほわほわしているが、芯が強く、他人の欠点や弱音を全部覆えるんじゃないかってくらいに度量の大きい人物。

自然に食卓から外していたのでそれほど知られていないが、トマトが苦手。

シスコンな兄を持つ。兄の事は「お兄様」と呼んでいる。シスコn…ジャンは家からソレイユが出た後も頻繁に会いに来ている。
 
丈が膝より上のスカートとかズボンとか着るのを嫌がる(恥ずかしいから)。

よくジェフから花束をもらうが、彼の気持ちには気づいていない。が、実はソレイユもジェフに片想いしている。自分がどんなに想っていても、ジェフからは妹としてしか見られないだろう、ととても複雑な思いもあり、また母親や親戚からエクトルとの結婚を勧められているため、悩んでいる。
両思いだと言うことにジェフとソレイユは気付いていない。
マルクのプロポーズなどはあまり本気にはしていないようで、弟感覚で可愛がっている。ミナコのことは、完全に妹感覚で可愛がっている。

彼女のリボンをヘアバンドにするスタイルは、昔にジェフからもらったリボンがきっかけ。

初期設定ではミナコと同居しておらず、一人暮らしだった。
理想のお母さんかお姉さんをイメージして作られたキャラで、モデルは本和屋奈子氏の親友。



ジェフ(Jeff)

36歳。
画家。彼の絵を最初に認めてくれたのはソレイユ。
紳士的で一途で穏やかでお茶目なフランス人。結構がっしりしている。
昔は髪が少し長く、結っていた。

マルクという甥っ子がいて、彼にはよく手を焼いているようだ。

料理は少し苦手(食べられないことはないけど、美味しくはないレベル)。
絵を描くのに夢中になりすぎて飲食を忘れてよく倒れるので、ソレイユがよくご飯作りに行く。料理の匂いがぷんぷんすると起き上がる。にんじんが嫌い。

ソレイユに片想いしており、しかもこれが初恋である。そのため、よく彼女に花束をプレゼントしている(オコタの花屋の常連さん)。
ジェフとソレイユが出会った時、ジェフは二十代前半でソレイユは7歳くらいだったが、
ジェフはロリコンではない。
彼なりに告白の機会をうかがってはいるものの、タイミングとシチュエーションを大事にしすぎているのか、ソレイユに対して何年もアプローチを続けているにもかかわらず一度も告白していない。



オコタ(大小田)

25歳。
「Ohanayasan」と言う名前の花屋を営む日本人男性。命名したのはオコタ本人。店は彼の事情や気分でやってたりやってなかったり。営業中に着用している、チューリップのマークが入ったエプロンはお気に入り。
初期にはなかったが、向かって右側の前髪を2本のヘアピンで留めている。

ぼーっとしたりミナコをいじったりするのが好きで、悪乗りもするマイペースお花青年。
無表情でクールで、ぽつりぽつりと話す。そのため無愛想に見え、何を考えているのか表情からはわかりにくいが、頭の中では色々考えている。
料理は家庭料理レベルなら得意。寝起きは不機嫌で、お酒に酔うとにやける。

昔は鼻と口元しか見えないくらい前髪が長くて、根暗で内気な性格だった。
初恋の相手はソレイユ。しかし今は身を引いている。ソレイユはもちろん親友でもあるジェフには幸せになってもらいたいようだ。もしソレイユを泣かせたら、その時は自分が告白するつもりだとか。

ドSーズ(ドS連盟とも。)は、ジャンとオコタの二人を指す。二人とも、嫌がられると燃えるタイプだ。あまり徹底的にいじりすぎるとへこみすぎて逆に面白くないので、次回の事を考え温存する。程よく(?)からかって反応を見るのが好き。主な対象はミナコ。

「オコタ」は名字で、名前は「カエデ(楓)」だが、名前で呼ぶと機嫌を損ねる(本人曰く、女の子みたいだから)。



ジャン

27歳。
ドレ家の若当主で、ソレイユの兄。母・ミレーヌのことは「母上」と呼ぶ。当主としての仕事中には眼鏡をかけている。母親似。

根はいいお兄ちゃんなのだがシスコンだ。未だ妹離れができておらず、ソレイユについての日記もつけている。妹と会うためなら、どんな努力も惜しまない。
家のメイドからは「コーン」(シス“コン”から)と言う隠語で呼ばれている。ソレイユの3サイズも知っているようだ。

ソレイユに対するジェフの感情を知っており、そのため彼に対して対抗意識があるようだ。更に、当主の特権をフル活用して、自分とソレイユに来る縁談を全て処分している。そのせいか腹黒紳士疑惑が浮上中。
エクトルとは幼馴染み。彼のソレイユに対する気持ちを知っており、幼馴染みと言えど応援はしていない。

結構心配性で世話焼き。あと、クールに見えて結構熱くなりやすかったり。
お金持ちだが、市場や「割引」が好きなど、庶民的な一面も。「半額」と言う言葉の響きが好き。
料理上手。優しくて紳士的ではあるのだが、何かと妹ばかりに構っているので両親(特に母)に心配されている。

抱きつき魔になるソレイユとは対照的に酒癖は普通。ジェフとオコタから「つまらない」と言われた。
絵を描くことと泳ぐことが苦手。

好みのタイプは、包み込んでくれる(シスコンな部分も含めて?)、一生懸命で面白くてあたたかい人。奥さんは大事にしそうだ。 
余談だが、ミナコに対して何か特別な感情を持っている、ようにも見える。ミナコの料理があまりにも酷かったため、手本として実際に手料理を振る舞ったことがある。

色々な本をたくさん持っていて、「虫の羽」「動物のフン」「男女別モデルの足」「ベースボール珍プレイ集」などなどマニアックなものを読みあさっている。



トール

22歳。
優しい性格の爽やか(?)な青年。人懐っこくて基本能天気。
母親と二人暮らしで料理上手だが、最終的に味が良ければいいのでオコタと同じくらいorそれ以上に大雑把。
メダカ飼ってる。

ちなみに母のサエコも基本同じ感じ。二人で飲食店を経営しており、二人共北九州訛り。

初期設定と異なり、眼鏡をかけている。



リサ

26歳。
島で一番の姉御肌。褐色の肌の美人さん。
うじうじしたのは苦手なので色々叱るけど、ハルのことは一番気にかけている。
ソレイユの幼なじみで仲がいい。
なかなか進まないジェフとソレイユにやきもきしている。



ハル

23歳。
すごく内気な性格で、一緒に二人暮ししているリサに付いて回るか家にいるかが多い。少しツンデレっぽい僕っ子。(最初一人称は「私」だったが、何かがあって「僕」に変更された。)見た目は小学生か中学生だが、とっくに成人している。
好物はソレイユ特製のさつまいもの煮っころがし。

リサだけでなく、ソレイユにも懐いている。すぐ怒るクレスが怖い。
あとジェフからよくお菓子をもらうけど、子供扱いされるのが嫌。



クレス

22歳。
神経質で、大抵眉間にシワが寄っている。口は悪いけど結構お節介。
トールとは親友。
トールとミトのテンションが悩み。



ミト

19歳。
クレスの妹。兄と違って大雑把で無邪気で前向き。そして元気で活発でAKY。
木登りとか走り回ったりするのが好き。激辛と出歯亀(主にソレイユとジェフ事情。)も好き。
ミナコとは親友。



ホン

17歳。
中国人の女の子。語尾は「〜ある」「〜よろし」。
クールなのか単に呑気なだけなのかわからない性格。
怪力の持ち主で食欲旺盛。純粋な瞳で色々言ってくる。

彼女にとって、シスコンのジャンは珍生物。ソレイユは、良い意味で珍生物。一番のお気に入りの珍生物は、絵を描くのに夢中になりすぎて飲食を忘れて倒れたジェフ。



マルク(Marc)

11歳。
ジェフの甥っ子。子供の特権フル活用でやっているジェフいじり(?)は確信犯。ジェフに対してジェラシーを感じたり。
オコタを「オコタの旦那」、ミナコを「男オンナ」、ジャンを「お義兄さん」と呼んでいる。

ソレイユが大好きで、大きくなったら結婚したいと思っている。プロポーズをしたことも(しかしそれに対して、ソレイユがなんと返したかは不明)。台所で何か作っている間もずっとしがみついていそうなほどソレイユにベタベタ。卑怯な手は使わずにソレイユを手に入れたい、そんなポリシーがある。
とはいえ、「お母さん」か「お姉さん」のような感情が強いようだ。

かなりおませなところがあるが、夜は怖くて1人で眠れなかったりと可愛い一面も。



ミレーヌ

50歳。
ドレ兄妹の母。ちょっと吊り目。
そろそろ孫の顔が見たいと思っており、ジャンに見合いの相手を紹介するも何かとおじゃんにされてしまっている(ジャンだけに←)。現在パリに住んでいる。当主であるジャンも一緒に住んでいるが、ジャンはパリと島とを行ったり来たりだ。

お喋り好きで、娘のソレイユ大好き。ソレイユによく縁談が来るが、娘を簡単には手放したくないので色々悩んだり。だが、エクトルのことは気に入っており、親戚がうるさいのもあって、縁談を支持している。
ジャンがあまりにソレイユに構うので、引き離す目的も兼ねてソレイユをサニーサイドアップ島に送ったものの、当主になってもジャンが暇を見つけてはソレイユに会いに行くので、もう半分諦め気味。
ズバズバとした発言をする等、ジャンに対しては本当に遠慮がない。

結構手厳しい性格だが、お茶目んこな部分が隠せないお年頃。
今でも十分美人だが、若い時もかなりの美人。



ゲンゾー(源蔵)

54歳。
ドレ兄妹の父。
少々ボケた部分はあるが、基本的にとても穏やかでお茶目な人物。

若い時に親と共にドレ家に呼ばれて、退屈だったので思いつきで木登り実行したところ落ちてケガをした。その時出会ったミレーヌと恋に落ち、結婚したと言うエピソードがある。
ミレーヌによれば、セーヌ川のほとりで愛の告白をしたと言うエピソードもあるが、ゲンゾーによれば告白した場所はセーヌ川のほとりではなく、「ただの公園」らしい。
若い時はかなりのロマンチストだったようだ。


エクトル

27歳。
ドレ家と並ぶ富豪・ゴベール家の若当主。
ジャンの幼馴染みでもあり、子どもの時からソレイユが好き。ソレイユに結婚を申し込んでいる。
ジェフより幾らか積極的。

誰にでも友好的に接し、抜け目がない。
ジャンほどではないが、子どもの時から彼と共にいた影響か、安くて美味しいものとかが好きで庶民的。
ミレーヌから可愛がられている。


クレール

?歳。
ドレ家に昔から仕えている執事。年齢不詳。
長い白髪をリボンでひとつに結って眼鏡をかけた、なかなかに紳士なご老人。
若い時にドレ家の屋敷前で行き倒れていたところを当時の当主に拾われ、今に至る。


クロエ

24歳。
十代の頃からドレ家に仕えているメイド。
カチューシャ三つ編みに三つ編みお下げの三つ編みっ子。
ソレイユの付き人としてドレ家から派遣された。ソレイユとミナコが大好き。
何かとドジ。ドジだが、何か一生懸命なのはわかる。ジャンの恋を応援している。
童顔がコンプレックス。


ナタリー

32歳。
イギリス人の女性で、独身。ガールズトークが大好き。
オーダーメイドの洋服屋なので、あの人この人どの人その人のスリーサイズを知っている。
「抱き心地グー!ランキング(彼女の頭の中で勝手に作られたランキング)」のトップはソレイユ。トップ5にはマルクも含まれているらしい。



マルクの両親(ロランとアメリー)

二人ともフランス人。仕事であちこち回っている。
【父・ロラン】32歳。
日本大好きで、アニメを結構知っていたり。変な日本語が書かれたシャツを着る。
「父でーす!よくマルクに怒られまーす」

【母・アメリー】31歳。
変な日本語を知っていたりする明るい母。
「母でーす!よくマルクに怒られまーす」
アメリーはジェフの妹。ロランはジェフを兄のように慕っている。

二人ともマルクが大好き。



ミナコの父(ツカサ)

ミナコの父親。
有名なピアニストで、演奏のために各地を飛び回っていた。
気さくな人物で、ミナコのことをとても可愛がっていたようだ。

演奏のためにドイツへ向かったが、飛行機事故で亡くなってしまった。



ミナコの母(トーコ)

ミナコの母親で、明るく活発な性格。
ミナコが小さい時に病死している。



ミナコの祖父

68歳。
ミナコのお爺ちゃんで、ミナコの父の父親。
父親を亡くすと同時に目標も失ったミナコを心配し、ソレイユの元に彼女を送った。
若い時は怖かったとか怖くなかったとか。





関連タグ

いつもの本和屋 きれいな本和屋 きれいすぎる本和屋 とてとてシリーズ 我々はオコタさんを全力で応援しています。 ソレイユさんマジ天使 ミナコン みんなしびれてる

pixivに投稿された作品 pixivで「またあした。」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 255489

コメント