ピクシブ百科事典

チャリカス

かす

2011年以降急増し、日本で大きく問題となっているマナーの悪い暴走自転車乗りの蔑称。
目次[非表示]

この記事は議論無しに削除された前例があります。削除の時は議論の後、合意が取られた場合にお願いいたします。

概要

メディアのニュースで取り上げられる際は「暴走自転車」と報道されるが、ネットで検索しても一般人の意見がヒットすることは極稀である。基本的に彼らを嫌うものからは自転車乗りとすら呼ばれておらず、チャリカス(チャリンカス)で検索した方がたくさんヒットする。よほど歩行者や自動車ドライバーから嫌われているのだろうか。

ネットスラングとしては暴走自転車としての用法の他にキルミーベイベーは死んだんだAAに貼られるチャーリー・ブラウンのことを指すこともある(こちらはほぼ風評被害だが)。こちらの概要は該当記事を参照。

特徴

  • 本来歩行者のために設けられた歩道を我が物顔で、しかも猛スピードで暴走する。車道の逆走もなんのその
  • 「止まれ」「降りてください」「横断禁止」は無視するもの
  • 両耳イヤホンでの走行、スマホをいじりながらの走行
  • 夜中にライトを付けず走行(無灯火)
  • 2台以上併走運転
  • 二人乗り
  • 歩行者にぶつかりそうなすれすれの距離を走るため、たまに歩行者をはねる事故が発生する
  • 少しでも通れそうな隙間があれば強引に突っ込む。人と人の間を猛スピードで斜めから割り込む。横断歩道も道路から人と人との間から斜めに割り込み
  • 曲がり角ではそこに人がいないことを前提としたかのようにわざと詰めてかっこつけたような曲がり方をする。
  • 基本的に止まることをしないし、歩行者が除けてくれるだろうと考えるため曲がることすらしない。信号が赤でもない限りは一筆書きするようになんとしてでも自分の道を強引に確保してくる。しかも衝突しそうになると逆ギレする
  • 道を開けない歩行者(マナーを守っていない者は除く)にベルを執拗に鳴らす
  • 歩行者に対してこれだけの危険行為をしても涼しい顔。取り乱すのは轢いてしまった歩行者が致命傷を負った時だけ(たまにそれでも逃げようとするまたは逆ギレして責任転嫁するド外道がいる)
  • 高齢者の場合は頑なに信号すら守ろうとしない(若者や中年でも守らない奴はいるが)
  • 自転車マナーの悪さを批判されると決まって「車(歩行者)の方が悪い」と責任転嫁
  • それでも自分は交通ルール違反をしている、他人に迷惑をかけているという自覚が一切なく、併走や二人乗りを注意(車の場合はクラクション)されると逆ギレする

など。意外とママチャリに乗る子連れの女性にチャリカスが多いのも特徴である。ロードバイクの方は車道の真ん中や車と車の隙間を疾走するバイク紛いの扱いをしてドライバーの迷惑になったり、横断歩道で歩行者や漕ぎ始めの自転車乗りの間を強引に猛スピードで割り込む行為などが問題となっている。

さらに、車道のど真ん中を走行して自動車の走行を妨害した上で自動車を挑発するチャリカスも存在する(動画。ただしこの動画の場合車にも非はあるが)。

最近はポケモンGOの配信により視界をスマートフォンの画面に奪われたまま暴走する数え役満のようなチャリカスも増えてきている。これはマスコミでも頻繁に取り上げられているが、元々ながらスマホ+チャリカスは以前から確認され問題視されていた存在で「批判するのが遅すぎる」「チャリカスよりポケモンGOを批判の趣旨に持って行こうとしているように見える」という批判も多い。

自転車の厄介な点として、自転車は車両として数えられる乗り物の中でも走行音が極めて静かなだけでなく軽車両の中では極めて速いスピードが出る(いわゆるママチャリでも人と環境によっては30km/h程度出しうる。競技となると数十km/h、世界記録アタック用のスペシャルマシンともなれば100km/hをゆうに超える。さらに特殊な自転車となれば高速鉄道に匹敵するスピードが出ることもある(最高速度記録は268.831km/h)。ともなれば)ことである。そのため、歩行者が後ろ(死角)からの気配に気付けずたまたま横にそれてしまったせいで自転車に轢かれたというケースが多い。
同様の問題を抱えたハイブリッドカー電気自動車などはわざと音を出すという対策をとっているが自転車でそれをやるのも無理があるわけで、状況は厄介である。

以前から自動車側が誤って飛び出してきた自転車を轢いてしまい高額の賠償請求を突き付けられたというニュースは多かったが、最近は逆に自転車側が被害者の歩行者側から損害賠償を突き付けられる事案も増えている。自転車とて軽車両なのでこのような大惨事になるのは当然なのだが、暴走自転車の蔓延が問題になりだしてから初めて事の重大さに気付いたという人も結構多い。
加害者側が保険に入ってなかったため賠償金を払えないという事案も珍しくなく、もしものために自動車保険は入っておくことが推奨される。

チャットジャッジ~自転車に保険は必要?不要?~



そんなチャリカスの横暴を政府が見過ごすはずもなく2015年6月1日から道路交通法が改正。
自転車は道路側を走ることを義務付けられ、イヤホン運転や傘差し運転なども処罰対象になる。
特定回数の違反をした自転車乗りには講習の受講が義務付けられる。
しかしこれにも問題があり、警察が見つけても猛スピードで振り切られたりそもそも地区によっては警察がやる気がない場所もあり、ただのザル法案になっているという意見もある。
チャリカスと自動車の事故でも、チャリカスが原因でも自動車の方が一方的に立場が悪くなる。実際、2016年5月6日に東京・国分寺市で乳幼児を背負ったチャリカスが信号待ちの自動車をすり抜けて道路横断(当然横断禁止場所)をしようとして自動車と接触し乳幼児が死亡する事故が発生(当然走行中の自動車側からは死角になる)。自動車のドライバーは被害者の立場であるにもかかわらず、自動車運転過失致死で逮捕されている
また、日本には歩道と車道の境が曖昧な狭い道路や高速沿いの歩道など自転車が車道を入る余地もない道路も多く、これらの歩道では相変わらずチャリカスが大暴れしているため、根本的な解決にはまだまだほど遠いのが現状である。

原因

実は暴走自転車による事故そのものは以前から問題になっていたのだが、絶対数が少なかったためか一般的に知れ渡るほどメジャーではなかった。現在のように暴走自転車が本格的に問題になりだした背景にはある二つの事案が重なったことにある。
一つは日本の道路は自転車への待遇が冷たく、自転車乗りを尊重した整備をしてこなかったこと。海外では歩道は自転車が余裕を持って走れるようにかなり広めに整備するか、または道路側にポールなどを設置することで自転車専用の道を確保するのが普通である。しかし日本では多くの道路がそういった処置を全く起こさないまま道路が整備されてしまっている。また、本来軽車両は車道を走るものであるがこれもなぜかしっかり教えられず知らぬ間に「自転車は車道を走ってはいけない」暗黙のルールが根付いたことも大きい。自転車乗りは道路交通法改正に対し「自転車イジメだ!」と主張する者が多いが、そもそも日本は始めから自転車に対し冷淡でロクな待遇をしてこなかったわけである。
そして、もう一つは2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震
節電になり環境に優しいという理由で自転車が注目されたことで当時の内閣や鉄道業者などが自転車の使用を呼び掛け自転車利用者が急増。これに伴いマナーの悪い自転車乗りも大量増加したという皮肉な結果を呼んだ。
また、前述の国分寺での事故の場合、被害者である自動車のドライバーが逮捕されることに関してもチャリカスの横暴を許す結果となっている。さらに、この事故の場合ニュースなどでもチャリカスを援護する報道が行われていることやチャリカスを援護する輩が存在することから現在もチャリカスは野放し状態であることが伺える

総括すると、

  • 「スピードが出るくせに無音」という使いようでは凶器にすらなりうる自転車固有の特徴
  • 自転車に対しまともな優遇措置を行わないままほったらかしにしてきた日本の交通環境
  • 地震が起きてしまったことで政府などが後先考えず国民に都合いいことばかりを吹き込み自転車利用推奨を呼び掛けたこと
の3つが悪いこと重なってしまったのが大きい。元を辿ればほぼ日本政府の怠慢が原因なのだが。

チャリカスにならないためには

  • 車道が広い道路は左寄りに走る
  • どうしても車道が狭い道はスピードを落とし、極力歩行者と距離を置く
  • 二台以上走行するときは直列に。並進可であっても3台以上並進してはいけない
  • 二人乗りはしない(乳幼児を乗せる場合およびタンデム自転車は除く)
  • 死角になる場所では極力減速や停止を心掛ける
  • 信号待ち中の自動車の間を走行しない
  • 信号・注意は守る
  • 耳は周囲の音が聴こえるようにする
  • 夜はライトを点ける

などを心がけよう。

チャリカスへの対策

  • ドライブレコーダーの設置

前述のように日本はなぜかチャリカス対クルマの事故では一方的にクルマが悪者にされる傾向があり、それを覆すには物的証拠が不可欠となる。
勿論当たり屋などにも有効であるし、近年は中華通販モノであれば3000円程度から購入できる(国産勢でも1万円台前半~)ので、もはやドラレコはマストアイテムといえるだろう。
なにせロードバイクや中高生もそうだが、そういうのがいない地域では老害チャリカスに気をつけなければならない。結局日本全国がチャリカス警戒地域なのだから。

関連タグ

社会問題 自転車 東北地方太平洋沖地震 エコ エゴ 交通事故
AKB48ファンパチンカス、(マナーの悪い)喫煙者、2ch脳…チャリカスと似たメンタリティを持つ者達。現在はマナーの悪い喫煙者は激減しているが、それと入れ替わるようにチャリカスの割合が増えている。
ばくおん!!(アニメ11話「じてんしゃ!!」において、「信号無視(フライング)」「走路妨害」「自分から駐車車両(しかもパーキングメーター)にぶつかったのに被害者ぶる」など、交通弱者であることを盾に傍若無人に振る舞うあからさまなチャリカスのモブキャラが登場する)

pixivに投稿された作品 pixivで「チャリカス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146

コメント