ピクシブ百科事典

清らかな心を踏みにじられた戦士

きよらかなこころをふみにじられたせんし

SFCのシミュレーションRPG『バハムートラグーン』の主人公ビュウの非常に哀れな状況を慮って名付けられた肩書き。

バハムートラグーンの主人公ビュウ。カーナの王女ヨヨと幼い頃に恋仲になり、思い出の教会にて「大人になっても今と同じ気持ちで、教会に誘ったら一緒に来てくれる?」と約束されていた。

しかし再会したヨヨは、敵軍の将軍パルパレオスにベッタリだったのである。
でもこれぐらいならばよく有ることだし、なにしろ戦争中であり、ヨヨも敵軍に囚われの身だったので、ストックホルム症候群ということで簡単に説明がつく。

しかし…そうも言えなくなるシナリオが待っていた……!

ビュウとのエピソードを聞かされたパルパレオスは、ヨヨに「ここが思い出の場所なのか?」と問う。
だが、ヨヨからは驚愕の返答が。

「ううん・・・思い出の場所なんかじゃない。
 だって・・・私たち・・・これからはじまるんですもの。
 (中略)
 その時にはここが思い出の教会になっているの。

一体約束とは何だったのか。
これをヨヨはあろうことか、ビュウの前でサラリと激白したのである。
(なお、このエピソードはまだまだ序章に過ぎないことを付け加えておく)

発売当時、冗談抜きに多くのプレイヤーの心はぐちゃぐちゃのギッタギタに踏みにじられた
本ゲームで名前を変更できるのは、主人公ビュウ、ドラゴンたち、そして問題のヨヨのみ。
ゲーム内の科白から、ヨヨに好きな人の名前を付けたプレイヤーも多かったらしく、期待に胸を高鳴らせていただけに「思いっきり上げておいて奈落の底まで落とされる」地獄のような仕打ちを味わったのである。
(実はむしろ、奈落の底に落とされた後が本当の地獄である。「落とす」事自体なんて序の口、それがこのエピソードの怖さなのだが···)

もう1つの問題は、ビュウはDQ型の「喋らない主人公」だったことである。
したがってプレイヤーは、ビュウがどのような心境なのかを察することも出来ず、その哀れさ故に、ついにこの肩書きがついてしまったものと思われる。

だが、捨てる神あれば拾う神あり。ビュウは、メロディアに好かれ、ルキアともいい関係になりうるし、フレデリカとは戦いが終わった後で一緒に薬屋を営む約束をしている。足元に宝石がいくつも散らばっている、そんな状態なのである。ヨヨの行動にショックを受けすぎた人は、この辺を冷静に考えて見よう。実は対ヨヨを除けば境遇はかなり良いのである。

『思い出の教会』についての余談

バハムートラグーンというゲームは見下ろしマップ型のシミュレーション・RPGであり、マップ上で属性攻撃を使うと地形を変化させることが出来る(河を凍らせて渡河、森を焼き払って進軍、雷を落として建築物を破壊、など)。

そして、『思い出の教会』は、戦闘中には一般の建築物と同じく扱われる。

したがって、ヨヨ関連のエピソードの一部始終を知った多くのプレイヤーによって、2周目以降のプレイにて思い出の教会は破壊されたという···。

戦闘前に「思い出の教会を守るんだ」といった科白が出るようだが、勝利条件にそんなものはない。安心して壊そう。

関連項目

pixivに投稿された作品 pixivで「清らかな心を踏みにじられた戦士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5666

コメント