ピクシブ百科事典

キング・ハナーン

きんぐはなーん

キング・ハナーンとは「スーパーペーパーマリオ」に登場するボスキャラクター。

「美しさのカケラもないゴミがワタシの王国にやって来るなんて、チョー不愉快だわ!」

概要

スーパーペーパーマリオに登場するキャラクター。
ステージ5「ストンストンランド」に生息する種族「ハナーン」達の王。
ただし喋り方は女性である。先先代も娘と明記されていながらキングハナーンなので、本当に女性なのかもしれない。

現在は4世。
1世は黒バラ。在位ハナーン暦1〜496。固い意志と鋭いトゲから「鉄のバラ」の異名を持つ。それまでバラバラだったハナーンをまとめ上げた建国者で、暦を定め、灌漑や道路の整備を行い王国の発展の礎を築いた。最も偉大な王と呼ばれるが、王子の死をきっかけに「の時代」と呼ばれる暴政に走った末に民衆によって打ち倒される。
2世はその娘で白バラ。在位496〜1298。先王を批判して幽閉されていたがクーデターで解放され即位。減税や医療研究など、民を労わる善政を敷いて黒の時代の傷を瞬く間に癒した。歴史書の編纂も行った。後継者争いを案じ、晩年まで跡継ぎをもうけなかったため「の乙女王」と呼ばれていた。
3世は青バラで恐らく2世の嫡子。在位1298〜1385。先王の崩御を受け僅か1歳で即位。詩や音楽に親しみ文化の振興を図ったが、生まれつきの重病により(ハナーンとしては)夭折。暗殺とも言われる。
4世は赤バラで、3世の摂政だったハナーン。在位1385〜(作中ではハナーン暦1600年代半ば)。6番目の青のピュアハートを持っている。ストンストンランドに住む「ロック人」達がゴミを川に廃棄していた為に汚れた水を飲んで狂い、美しい物に執着するようになる。以来ロック人をさらっては自ら開発した技術で操り、宝石採掘の奴隷としてこき使っていた。また、マリオ達を見るやいなや「ゴミ」だの「汚らわしい」だのと謗る。しかし本来は繊細で気高い心を持つハナーン族の王だったとのこと。
マリオ達に倒されるも、エンディング後は復活し、これからはロック人とハナーン族の共存を目指そうと決意している。

ちなみに、ザ・伯爵ズの一員ディメーンとは何らかの形で接触があったと考えられる。

関連記事

親記事

スーパーペーパーマリオ すーぱーぺーぱーまりお

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「キング・ハナーン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 819

コメント