ピクシブ百科事典

グラ主♀

ぐらしゅめす

『ポケットモンスターサン・ムーン』に登場するグラジオと女主人公のカップリング。
目次[非表示]

概要

ポケットモンスターサン・ムーン』及び『ポケットモンスターウルトラサン・ウルトラムーン』に登場するキャラクター、グラジオ女主人公のカップリング。

ゲームのシナリオにおいて、女主人公はその名の通り中心的な役割を担っており、グラジオは敵の団に所属している言わば悪役である。
2人の関係は敵でありライバルでもあるため、これまでのポケモンカップリングの系統で言えば悪主♀ライ主♀の中間と言える。
また、グラジオは女主人公の親友・リーリエの兄でもある。そのため彼に話し掛ける時、女主人公が少し上を向いたりと身長差や体格差が中々おいしかったりする。

ストーリーにおいて

グラジオは初登場と共に、初対面の女主人公に敵であるスカル団の用心棒としてすぐさまポケモンバトルを仕掛ける。
バトル後すぐに去ってしまうがそれ以降はたびたび姿を見せるようになり、会う度に少しながらも態度が丸くなる様子が見られる。

余談だが、旅の途中に8番道路のモーテルへ行くとグラジオが居座っている部屋に入ることができる。(本人からは「でていきな」と言われるが)
しかし残念ながら彼のベッドに寝ることはできない

その後のストーリーで再び現れ「コスモッグは絶対に守れ」と忠告して去っていくが、やがてコスモッグ達はエーテル財団に連れ去られてしまう。
コスモッグやエーテル財団の目的について何か知っているらしいグラジオと共に、エーテルパラダイスへ侵入することに…。

ここからのストーリーでグラジオと女主人公は味方となる。そのため2人のマルチバトルイベントやスカル団ボス・グズマとのバトルに敗れたグラジオの仇を討つイベントなども存在する。

「なかよく…… ではないが
オマエらが いて よかった……」

「時間がない
オレを助けろ ○○」

「助けあう か
悪くないな」



そうしてコスモッグをめぐる激戦の一件が終わり、女主人公がポケモンリーグへ続く道へと足を踏み出そうとした矢先、グラジオが現れ、3度目のグラジオ戦となる。

「オマエに…
礼を いうため 待っていた
リーリエの こと
母の こと
心から 感謝している」

"スカル団のグラジオ"ではなく"ポケモントレーナーのグラジオ"としてバトルを交わした後、彼はわずかに笑みを見せてこんなことを言う。

「……いいポケモンだ
オマエが どんな トレーナーか
どんな 旅をしてきたのか わかる」

「オレたちは
"なかよし" ではない
でも 悪くない関係 だ
じゃあな 勝ち続けろ!」



殿堂入りして女主人公が"アローラのチャンピオン"となった後、エーテルパラダイスにいるグラジオに会いに行くと彼の相棒とは別個体のタイプ:ヌルを託される。

「来てくれたのか……」
「改めて 家族のこと
感謝している……」

「……おわび ではないが
コイツを 連れていってくれないか」
「オマエなら そいつに
広い 世界を みせてくれる……!」

「広い 世界……
そうだな オレも
ポケモンリーグを みるとしよう……
"アローラ 最強の
チャンピオン"が いるらしいからな」


USUMではグラジオとの初バトル後に彼をおっかないやつと言うロトム図鑑に対して「そうかな?」という選択肢があったり、殿堂入り後にビッケにグラジオがカントーやジョウトに行った理由に対して「バカンス?」と答える選択肢がある。
武者修行から戻って来たグラジオは防衛戦で女主人公が最初に選んだ御三家と同じタイプのカントー御三家を使ってくる。女主人公はカントー地方の出身なので少し嬉しい要素である。


関連イラスト

俺たちは仲良しではない
グラ主♀


悪くない関係
オレを 助けろ ミヅキ



関連項目

PKMNノマカプポケモンSMNL ライ主♀悪主♀
SM♀主グラジオ ♂主リエ

pixivに投稿された作品 pixivで「グラ主♀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1653463

コメント