ピクシブ百科事典

サヤ(BLAZBLUE)

さや

サヤとは、2D格闘ゲーム『BLAZBLUE(ブレイブルー)』のキャラクターである

概要


CV:近藤佳奈子(CS)
CV:ゆかな(CSEX)


ラグナジンの実妹。
かつては兄思いの甘えん坊な少女だったのだが、ラグナたちが少年だった頃、彼らが暮らしていた教会を襲ったユウキ=テルミに、ジンと共に誘拐されてしまう。
(恐らくテルミの差し金で)ジンにユキアネサを渡してしまい、兄思いだったジンは精神支配を受けてしまい、ラグナに対して激しい殺意を抱くこととなる。

その後の行方は不明だったが、世界の支配者たる統制機構の最高権力者で『帝』冥王イザナミとして君臨したことが二作目『コンティニュアムシフト』のラストで判明。

帝としての彼女は、ごく限られた者しか謁見を許されず、実在すら疑われていた。
現在は凄まじいカリスマと術式適性を誇り、古めかしく尊大な口調で話す。ニューノエルたち「次元境界接触用素体」の元となった。


関連タグ

BLAZBLUE
冥王イザナミ:憑依した存在
ノエル=ヴァーミリオン/μ-12:クローン
Λ-11ν-13:クローン
ラグナ=ザ=ブラッドエッジ:長男
ジン=キサラギ:次男
セリカ=A=マーキュリー:シスター















超絶的ネタバレ(ここから下はセントラルフィクションをクリアした方のみ閲覧・執筆することをお勧めします)



















しかし、厳密には冥王イザナミとなったサヤは、『マスターユニット・アマテラス』のドライブ能力でもあり、オリジナルのサヤの意識はまだマスターユニットの中に閉じ込められている状態となっている。(イザナミがサヤ本人としても扱われているため、少しややこしいことになっている)
クローンでもあるノエルたちとは、元々魂が同一のものであるため、意識が完全に独立しない限りは、彼女たちもまた『サヤ』である。

テルミに攫われた直後、ハザマによって拷問同然の実験に使われていたらしい。

テルミとの決着後、ようやくラグナと再会。これまでのループした世界上での出来事も含め、ずっと長くラグナを待ち続けていた。
一方で、冥王イザナミやニュー同様、世界に対する破壊願望も抱いており、それは兄ラグナへの執着的な思いも関係している。
また、黒き獣となったラグナに殺されかけたことも語っている。


これまでのマスターユニットの事象干渉(世界規模のループ現象等)は、彼女の『願望』である兄ラグナの存在に関わることに連なっている。『CP』でレイチェルがラグナに語っていた『怪物となった少女』というのも、マスターユニット内のサヤを指している。

コメント