ピクシブ百科事典

サラザール(パイレーツ・オブ・カリビアン)

さらざーる

サラザールとは、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」に登場するキャラクター。

さあ 海賊狩りだ

演:ハビエル・バルデム
吹き替え:大塚明夫

概要

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊』に登場する悪役。

本名「アルマンド・サラザール」。かつては、「サイレント・メアリー号」を操るスペイン海軍の艦長として、この世の全ての海賊を滅ぼす“海の処刑人(エル・マタドール・デル・マール)”として名を轟かせていた。しかし、若き日のジャック・スパロウの挑発に乗ったことで「魔の三角海域」に誘い込まれ、そのまま乗組員共々壊滅した。しかし、怒りと復讐に駆られた彼は、部下と共に海域の呪いによって“海の死神”となって蘇り、長らく海域に幽閉された。
しかし、とあることで(後述ネタバレ)遂に海域から解放され、ジャックへの復讐と海賊の全滅のために、「ポセイドンの槍」を手に入れようと画策する。

海賊に祖父と父を殺された過去があり、海賊に対しては冷酷無比で、例え白旗を挙げた海賊でさえも、無慈悲に殺害する。しかし、自身の恐ろしさを伝えるために、その中の一人だけを「生き証人」として生かす度量も兼ね備えている。

海域の力によって永遠の亡霊となったため、超人的な力及び不死身の身体を持つ。身体は全身ひび割れた灰のような姿で、生前の負傷で左頭部は陥没している。能力としては、鉄格子をすり抜けたり、海の上を歩くことができるが、の呪いによって現世に留まっているため、陸に上がることはできない(無理に上がろうとすると砂化してしまう)。生身の人間に憑依することで陸でも活動できるが、一度憑依すると二度と離脱できない。

余談

ハビエル・バルデム氏は前作「生命の泉」で出演したアンジェリカ役ペネロペ・クルスの実夫である。ちなみに、この際黒ひげ役にも抜擢されていたらしい。
また、さらなる余談となるが、サラザールの吹替版声優の大塚明夫氏はワンピースでは黒ひげ役を演じている。
ハビエル氏曰く、生前のサラザールは海賊撲滅を図る「闘牛士」で、亡霊のサラザールは「傷ついた闘牛」をイメージしたらしい。










































ネタバレ注意!!





































冒頭で「魔の三角海域」に迷いこんだイギリス海軍の船を襲撃し、乗組員を惨殺するも、乗り合わせていたウィル・ターナーの息子・ヘンリー・ターナーにジャックへの伝言を残し、「生き証人」として解放する。
その後、ジャックがコンパスを手放した(コンパスは持ち主に裏切られると、本人にとっての最悪の事態を招く力がある。ジャックはこの時、無一文のためにラム酒の酒瓶とコンパスを交換したことで、この結果を招いた)ことで海域から解き放たれた彼らは、ジャックへの復讐を胸に再び海へと繰り出す。手始めにバルボッサ率いる海賊船を三隻沈め、本艦「アン女王の復讐号」を襲撃。バルボッサがジャックのコンパスを所持していること、彼が対抗措置として「ポセイドンの槍」を探していることを聞き、日の出までにジャックの船を探すという契約を交わす。
そして遂にジャックを発見し、ゴースト・シャークを駆使し追い詰めるも、後一歩のところで岸に逃げられてしまい一時断念。その後は怒りに駆られバルボッサの仲間を次々と殺していくが、バルボッサの提案で彼にジャックを誘い出すことにする。
その後は、復活した「ブラックパール号」との戦闘の末、ヘンリーを攫い彼の肉体に憑依し、「ポセイドンの槍」が眠る海底・「ポセイドンの墓」へと赴く。ジャック達を襲撃し槍を手に入れるも、その槍こそが呪いの根源だと気付いたヘンリーによって槍を破壊され、呪いが完全に解け生身の人間として復活する。それによって割れた海がもとに戻ろうとする中、海に呑まれる部下を見捨て、錨で海底から引き揚げられるジャック達を執念で追い詰めようとする。しかし最期は、バルボッサの捨て身の攻撃により錨から転落し、海の底へ沈んでいった。

呪いによって一度人間を捨て超自然的存在となったサラザール、しかし最期は生身の人間として死亡し、再び海の中へと消えた。

pixivに投稿された作品 pixivで「サラザール(パイレーツ・オブ・カリビアン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25849

コメント