ピクシブ百科事典

シャスナハ

しゃすなは

ソーシャルゲーム「ラストピリオド」に登場するキャラクターの一人。
目次[非表示]

「こんな夢……手放すことが出来たなら、どれだけ良かったか」

概要

ラストピリオドの世界における六大国の一つ、スペアレルムの皇帝その人。
皇帝というポストではあるが、なんと御年14才である(父である先代が急逝したため、少なくとも9才の時点で皇帝になっていた)。見た目や年齢とは裏腹に早熟、聡明であるため国民からの支持は厚い。また、父の目指していた理想を受け継ぎ、軍備で国を支えているスペアレルムを機械工学や先進技術を中心とした工業国家にしたいと考えている。しかし、その思想が原因で軍部の人間達と対立、『切り札』を手にした彼らにその実権のほとんどを奪われた「外面だけの皇帝」となってしまった。

プロフィール

性別女性
誕生日11月9日
出身地スペアレルム
身長161cm
体重50kg
好きなものふわふわの白パン、工場・工房見学
嫌いなものピクルス


人物

上記の通り年齢に似合わぬ大人びた性格だが、とっさの判断ではまだ経験量の差か後れを取ることが多い。
一応ユニットモーションを見る限り、銃器は扱えるが、実戦経験がないようで、メインストーリーではある人物にとどめを刺すよう言われた際、緊張で固まってしまった(後述するように、持っていた銃刀が父の形見であったこともある)。
自国の工業を文字通り我が子のように愛している。歯車機構や蒸気機構のすばらしさを熱く語るあまり会話相手を置いてきぼりにすることもしばしば。

形見の銃刀

武器とする銃刀は、先代皇帝がスペアレルムの技術を結集して作らせた無二のもの。これを手渡されたときに先代と交わした「約束」によってシャスナハは一人では重すぎる荷を背負うことになる。
ラフイラストを見る限り、元ネタはこのひとの武器。

性能

水属性アタッカーであり、「フレアバスター」、「ピンチパワー」による火属性への火力が魅力。
しかし、最大火力にもって行くには一工夫が必要ないわゆるロマン砲キャラ。火属性相手に体力をピンパ発動値までに他ユニットに倒されたり、そもそもボードでガッツが一つしか開かないため最大火力状態を維持することが困難。また、スキル「シュトライフリヒト」でクリティカル発動時の攻撃力を上げられるが、スキルが連発出来るわけではなく、クリティカルという運要素が絡むものなので総合的な性能では監獄長に劣る印象。

関連人物

スペアレルム、南の軍姫。
父親が先代皇帝と親しかったこともあり、シャスナハにグリルパウツァーと共に仕えている。

スペアレルム、東の軍姫。
バーナー含め東の軍部のドロセア、ローベルはシャスナハと面識がある。
特にローベルに至ってはAI講義をシャスナハに開いているようで陰で「シャスちゃん」と呼んでいるほどである。

スペアレルム、北の軍姫。
ワルキューレが『ママ』の傘下にいることもあり、あらゆる場面でシャスナハに立ちふさがる。

スペアレルム、大総統。
工業による国家安定を図るシャスナハに対して、彼女は軍備による国家安定を目論む。そのため国を守ろうとする意志は同じでも対立している。

スペアレルム、右大臣。
富国強兵を進める穏健派の元職業軍人。シャスナハの父親の同輩。

スペアレルム、技師。
「国の技術を誰かの笑顔のために使いたい」という志は似通ったものがある。

  • ティフィル
スペアレルム、皇帝近衛騎士。
帽子やマントの装飾にシャスナハと同じような意向がある。
皇帝と親しい貴族の生まれで、忠義や正義を重んじており、暗殺や裏工作などの曲がった事が嫌いで精神面ではまだまだ幼い。
そんな彼女もイベント『不撓不屈の車輪は廻る』にてレジスタンスの女リーダーに出会い、少しずつ成長していく。

余談

  • 上記の『アタッカー』のような性能は戦争を嫌う彼女にしてはあまり似合わない。その一方彼女の政敵は『ヒーロー』であり「クイック」や「ユニオンパワー」のような堅実な性能をしている。  
  • シャスナハの年齢は、現時点でわかっているキャラクターではラスピリの主人公であるハル、ちょこ以来初となる「14才」である。


関連タグ

ラストピリオド

関連記事

親記事

スペアレルム すぺあれるむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャスナハ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 561

コメント