ピクシブ百科事典

ジェネラル(ダンボール戦機)

じぇねらる

ジェネラルとは、『ダンボール戦機』シリーズに登場した小型ロボット「LBX」のひとつである。
目次[非表示]

概要

八神英二用に神谷重工が開発したLBXであり、アーマーフレームのタイプはブロウラーフレーム

デクーの後継機なだけあって、外見はデクーの面影を多く残しているが、センサーの精度や長距離射撃能力が非常に高く、脚部ブースターの搭載によって強固な装甲に覆われてもなお高い機動力を誇る等、その機体性能はデクーどころか、W以降に登場した最新鋭のLBXにも引けを取らない
基本装備は、両手銃「アーチャーライフル」。プラモではグリップが動く為ポージングが取りやすく、良くできた武器である。
また、W後期には、ミゼルへの対抗策として、タイニーオービット社の主任研究員、結城研介が開発した新兵装「ルミナスシューター」も装備していた。

作中では常に八神の技量だけで勝利していた為、お披露目される事は無かったが、プラモのパッケージでは「圧縮弾」が本機の必殺ファンクションとして紹介されている。

出番こそ片手で数えられる程しかなかったものの、活躍した場面の多くが色濃いものであり、派手さはないが堅実な戦闘スタイル、量産機ベースの指揮官専用機という立場も相まって、コアなファンのハートを掴んだLBXとなっている

派生機体

アーミージェネラル

無印において、主要キャラクターにそれぞれ用意された専用LBXのひとつであり、カズ専用の迷彩カラーのジェネラル。
無印では、必殺ファンクション「メガショットシェル」習得の為に本機のパーツを一式揃える必要があるが、本機の入手難易度は非常に高い。
ちなみに、カズは『ウォーズ』にて、探偵見習いとして八神に弟子入りしており、その点を踏まえると何だか感慨深いものがある。

シーサーペント

W』に登場した、オメガダイン社がジェネラルをベースに開発した水陸両用LBXで、従来の水陸両用型機体に比べて水中戦に特化した設計がされている(WARSの時点でも異様なレベル)。
この機体の最大の特徴といえる機能は上述の水陸両用機能ではなく、機体に内蔵された長距離対応無線通信ルーターによる通信補助機能。
無人操作も可能であり、実質的にはLBXというより「自己防衛機能付き通信補助装置」といえる機体である。
目立った活躍が無かったにも関わらず、キット化されている(ジェネラルをキット化する為の布石とも言われているが)。しかも、プレミアムバンダイにて別カラー版も販売された等、商品展開において妙に優遇されている機体である。
基本装備は、大型のランチャー系武器「マリンランチャー」。

装甲娘』においては

センシティブな作品


ミゼレムクライシス版の追加キャラとして登場。
本名は「ヒイラギ ユウコ」、CVは瀬戸麻沙美
父が殉職した警官で、本人は探偵ごっこが好き、平和のために戦いたいという、八神英二を意識したようなキャラ付けがされている。
全装甲娘中屈指の巨乳で、本人は他人からの目線については諦めている。
一方で、それによって訓練に支障が出るため、彼女の使用するLBCSは訓練着としても使えるように隊長による改造で出力制限機能が付けられている。
装甲装備時はその豊満なバストでブロウラーフレーム特有の重装甲を再現している。

必殺ファンクションは「バスターボール」。

性能は耐久&支援能力に特化した支援キャラで、遠距離攻撃持ちのユニットで固めた編成で真価を発揮する。

ハロウィンイベントでは新規キャラのフレイヤ/クロサキ マリと共にメインキャラに抜擢され、「美少女装甲魔女探偵ジェネラルン」という属性過多な称号を名乗る。
こちらのバージョンは大鎌「呪魂オルトロス」を武器とする格闘系ユニットとなっており、必殺ファンクションは装甲娘オリジナル技の「パンプキンスタンプ」。

性能が支援&耐久系という点は通常版と同じだが、装備できるACCMの違いにより、こちらはより支援に特化したユニットとなっている。


関連タグ

ダンボール戦機 LBX ブロウラーフレーム 八神英二 青島カズヤ デクー 指揮官

関連記事

親記事

デクー でくー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェネラル(ダンボール戦機)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205

コメント