ピクシブ百科事典

ノワブラ

くろとしろのまじめけいめがみ

ノワブラとは、「超次元ゲイムネプテューヌ」に登場する女神ブランとノワールのカップリングである。
目次[非表示]

概要

ノワブラとは「超次元ゲイムネプテューヌ」に登場するルウィーの女神ブラン/ホワイトハートとラステイションの女神ノワール/ブラックハートのカップリングである。

無印・mk2・VⅡのメインストーリーではまったく接触しなかった2人だったが、番外編ではさりげない仲の良さを見られる。

超次元アクション ネプテューヌUではノワールはブランに対して、ツンデレが少なく認めるぐらい評価をしている。またブランもノワールに対して「私がやらなくても一人で倒していた」と評価をしている。
ドラマCD「ノワール・ブランの目指せ! モテカワ女神!」ではお互いモテカワを目指すために協力するストーリーになっている。ブランが胸の事を気にしていることを知っているノワールは、胸を寄せるページを見たら怒ると察し、隠そうとした。そしてばれてしまい、彼女を傷つけてしまったことに謝った。フォローしでも余計でしかなかった。
ドラマCD「四女神 日常系ドラマCD ルウィーのとても寒い一日」に、ブランはノワールの友達欲しいという欲を狙ってノワールだけ買い物を行かせようとした。「ブラン・・・恐ろしい子!」
だが、ノワールが「明日の分も買うんだから早く準備しなさい!」と言われて、ブランは皆で買い物に行こうと言った。ノワールに「明日の分も」と言われたことに、嬉しかったらしい。
四女神のコスプレでは、ノワールがベールの計画に乗ったときブランは驚いた。同じ真面目系なのか、仲間意思がある反応をした。
ドラマCDに触れ合うようになってからか、ブランのノワールへの扱い方(からかい)も上昇。
四女神オンラインではノワールをネカマ発言。激ブラでは、ノワールのマジカルノワリンの皆にバラすことを脅し、無理やり映研に協力させた。
しかし調子に乗りすぎたか、ノワールがロムに「マジカルブラリンを一緒に連れてきてあげる」といい、ブランを巻き込んだ。そしてマジカルブラリンが誕生。

ちなみにブランの小説を持ってるのはノワールだけである。ベールさんのアイドルプロデュースではユニに徹夜でアイドルの服の準備をしていることをばれたくなかったため、「ブランの小説が面白かったから夜遅くまで見てた」と嘘を言った。しかし持ってるのは事実である。
PPではベールとノワールが所持している。

似たもの同士

ノワールとブランには、性格上四女神の中ではもっとも似た2人である。

仕事上では最も働き、1人で頑張るタイプ。しかしプライベートは知られるのが恥ずかしいため隠している(すでにばれてる)
デンゲキコの取材に2人は目立つために賛成。
記事の宣伝でブランの可愛さアピール作戦でノワールが特に悔やんだのは、おそらくコスプレ好きでその衣装で可愛く演技するノワールにしては、ブランの可愛さを見て自分の失態を感じたのだ。ようするに2人とも魅力だけでなく、可愛さも大きく求める。
女神化したときはもっとも好戦的になるのはこの二人が強い、アニメーションでのブラックハート
が兵器破壊で競争を発言したとき、ホワイトハートが即座に勝負を受ける。そして1位がブラックハート2位がホワイトハート。そして遅れたグリーンハートとパープルハートが同時に兵器を破壊した後、どっちが早かったか少し語る。
ベールさんのアイドルプロデュースでは、二人とも即反対していた。

まさに仕事上・真面目・一人で頑張れる・可愛さ重視・意見・多少の中二病を持つ似たもの同士(素直なところは別)
VR次元ではライバル会社なのにこっちは仲いいんだね。

神次元の仲

Vの犬猿の仲だった理由は、任天堂とソニーのCD-ROM計画の決裂関係と思われる。
1991年6月、任天堂はソニーとの契約を突然破棄し、
「スーパーファミコンのCD-ROMアダプタはフィリップスから発売される」という発表を行なった。
任天堂の突然の裏切りは、CD-ROMのライセンス料を全てソニー側が得る契約だったからである。
そしてソニー会社はゲーム業界に参入する決意を固めた。

詳しい内容はこちらへ→外部リンク

関連イラスト

WiiとPS3のハード

NepNewYear


ノワール x ブラン



関連タグ

超次元ゲイムネプテューヌ
カップリング
ノワール
ブラン

この記事のカテゴリ

ノワール ブラン 超次元ゲイムネプテューヌ ゲーム 助ける時点でどっちが甘いんだかわからないわね

pixivに投稿された作品 pixivで「ノワブラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1497

コメント