ピクシブ百科事典

ハ・ジュビン

はづゅびん

ハ·ジュビン(하주빈、河珠彬)は、1998年SBSで放送された韓国アニメ"スピード王ボンゲ"に登場する女性キャラクター。

前年4位のチーム、そして唯一の電源の女性だけで構成さオートローラーチーム、レパードガールズの主張。
10話では優勝候補のチームに対し、電力解析をするときにノートパソコンの画面の中で最初に登場。
このとき、プロフィールによると、13歳であり、出場選手の中で最年長選手である。黒髪の美貌、そして小学生らしくない体つき(特に鎖骨と腰)を誇る。
清純、純粋な魅力と艶やかなファーム·ファタールな魅力をすべて備えている女性キャラクター。

14話、スピードチームが島で転地訓練を行く時ボンゲとドラゴン·スパイアに興味を持ってアクセスし、やがてスピードチームが島に遭難者を救助するときに表示上手なローラーの実力を誇り、手伝いボンゲに密かに色目を飛ばしたりして、15話では、電話をかけてビーチに遊びに行ったりした。 (水着も着た。)

このとき、色仕掛けを使って清純な魅力でドラゴン·スパイアの把握がボンゲは奇妙な気配を感知して誤魔化す風に情報を得るのには失敗した。失敗すると、ふてくされた演技を見せてくれボンゲを当惑させている。
その次の日にスピードのチームの前に現れ正体を明らかにし、ファン·ジャングンの間違いに流出したスピードチームの内容を黙認する条件に対決を申し込み、自分のチームが勝利した場合ボンゲは自分の恋人になる魅力的な条件を提示した。

ボンゲは、彼女の実力子好奇心が生じ挑戦に応じる。ジャングンの失策でスピードチームに最後まで前のに特にボンゲが通過するのは難しいの障害物を、彼女はまるでフィギュアスケート選手を連想させるように足を持ち上げ、回転し、簡単に通過できるほど動作が柔軟で実力がかなりあることを示した。しかし、フィニッシュラインから油断した間にボンゲに逆転負け。しかし、ボンゲがデートに誘っをするという言葉に嬉しくている。そうするうちに船からジョ·アラが送ってくれたボンゲの虹の味の料理を食べるようになるのに.....恐ろしい結末!

21話序盤、アクションチームとの準決勝でカーンのアップグレード·ファイアー·イーグルで悽惨に敗れされた。
その後、最後のファイン26話終盤に再び登場してジョ·アラ、シン·ミオとボンゲと写真を打ちたいともめている。

作中の女性キャラの中で雷が最初に純粋に女性に好まれた最初の人物。
Akinatorにも登録されている。 2013年韓国のアニメファンダムサイトルリウェプ掲示板であったこの作品の非公式人気投票では、大きな支持を受けて1位を占めた。

関連イラスト

[スピード王ボンゲ]ハ・ジュビン
明日お誕生日のお友達へ
-
スピード王ボンゲ
ハ・ジュビン


桜が舞い散る城を背景に。
ハ·ジュビンちゃん
スピード王ボンゲ
(///▽///)

pixivに投稿された作品 pixivで「ハ・ジュビン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26080

コメント