ピクシブ百科事典

にゅう

にゅう

にゅう、またはルーシーとは、漫画『エルフェンリート』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

年齢18歳
身長162㎝
体重48㎏


本作のメインヒロイン
ディクロニウスと呼ばれるミュータントの女性。「にゅう」も「ルーシー」も本名ではなく、前者は主人公のコウタによってつけられた名前、後者は国立生態科学研究所に捕われていたときにつけられたコードネームである。
『ルーシー』としての本来の人格および、『DNAの声』『にゅう』の3人格を持つ。

アニメ版の声優小林沙苗

人物像

基本人格

出生後まもなく実父により捨てられ、養護施設に預けられていた。
しかし頭部にがあったため同じ施設の子供達に虐められ、また施設の職員からも内心気味悪がられていたことを知る。その矢先にこっそり面倒をみていた子犬をいじめっ子に殺され、それをきっかけにディクロニウスの力に覚醒。
DNAの声に従い施設の人間を虐殺して逃走、その後は民家の人間を殺害して一夜の宿や食糧を得たりしていた。
やがて幼少期のコウタと巡り会い仲良くなるが、彼がユカに抱きつかれているのを見て嫉妬を覚えた感情をDNAの声につけこまれ、お祭りの会場や列車の車内で虐殺事件を起こしコウタの妹カナエを殺してしまう。やがて研究所に捕獲されて監禁されていたが、角沢教授の企みにより脱走し「にゅう」の状態でコウタと再会する。

やがてマリコとの戦いで角を折られ研究所に連れ戻され、角沢長官に仲間になるよう誘われるが、これを拒否して「自分達の血を残すべきではない」との思いから異父弟を殺害、コウタに妹を殺したことを謝罪するべく彼のもとへ向かうが、銃撃されたコウタを救うため彼の傷口をベクターの力を使って塞ぎ、彼を攻撃から守るために体組織が溶けてしまった。
それでもなお彼を守ろうとし、世界を滅ぼそうとするDNAの声をにゅうの人格とともに押さえ込みつつ、コウタに自身を射殺してもらい生涯を終えた。

エピローグで彼女の本名は「」であったことが判明する。

DNAの声

ディクロニウスが本能として持ちつ人類に対する殺意が人格として形成されたもの。
ルーシーの嫉妬や怒り等の感情に乗じて殺人を犯させ続けてきた。
終盤では人類の滅亡を計る。

にゅう

本編冒頭で、研究所から脱走する際に銃撃により頭部に衝撃を受けたことにより産まれた人格。コウタに助けられ楓荘に居候する。
当初は「にゅう」としか喋れず、知能もかなり後退していたためコウタにこの名をつけられた。
やがて徐々に言葉を喋れるようになり、普通の少女として生活できるようになる。
この人格はルーシーが「こうありたかった自分」の反映でもある。

関連タグ

エルフェンリート
ルーシー

関連記事

親記事

ディクロニウス でぃくろにうす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「にゅう」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229572

コメント