ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ビーム脳

げじまゆとらんだむせれくとによるまったくあたらしいむりげー

(1)ゲームなどで、ビーム攻撃に頼るキャラへの皮肉。元は『MVC』のサイクロップスへの揶揄。(2)「(1)」から転じて、格ゲーエンジン『MUGEN』における『MAVEL』のケーブルと『東方Project』の上海人形のタッグ名。
目次 [非表示]

概要

初めは、必殺技等に用いるゲージが互いに常時MAXの状態で戦う通称"ゲジマユ"ルールの、ある大会にてランダムに偶然組まされただけのタッグだった。


それがいざ試合となると、上海呪詛「蓬莱人形をぶっぱなし、相手が仰け反り中と判断するや否やケーブル必殺技のハイパーバイパー(略してHV)で追撃

そこに上海が更に「人形綴りの狂文学」(通称 狂文楽/オリジナルスペカ)やオルレアン人形を撃ち込み、そこに更にケーブルが(ryという本家東方も真っ青な弾幕戦を披露した。


上海人形の呪詛「蓬莱人形」のレーザー照射範囲は本家アリスを見れば分かる通り、射程と弾速がほぼ無限という性質を持っているレーザーを広範囲にわたって照射する為に制圧力が高く、

更にオリジナルスペルカード"「人形綴りの狂文学」"はなんと全画面攻撃

そしてケーブルのハイパーバイパーはビームが曲がりくねる為に広範囲を浚うので、こちらも制圧力が高い。


さらにケーブルのHVBの暗転中にオルレアン人形が動くというチートダム(参照(外部リンク))まがいのコンボが存在。

また防御面でも片方が攻撃されたところで攻撃を喰らっていないもう片方が狂文楽orHVBをぶっぱなしてくる為に、

さっきまで攻めていたはずなのに気づけばビームの餌食という理不尽極まりない展開を多数見せた。頼むから自重してくれ…(;ω;`)


決して弱くは無い筈の敵タッグ(犠牲者)達を相手にパーフェクトを量産する様は、ぶっちゃけもう試合という名の虐殺と言った方が正しいかと。

しかもその暴挙を専用のタッグAIじゃないのにやらかしているという…もうなんなんだアンタら。


余談

ついには娘を名乗る存在まで登場。


関連タグ

MUGEN ケーブル 上海人形

関連記事

親記事

MUGEN男女タッグ むげんだんじょたっぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 93089

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました