ピクシブ百科事典

ファラン

ふぁらん

ファラン(花郎/Hwoarang/화랑)とは、ナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売された 3D対戦型格闘ゲーム『鉄拳』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

キャッチコピー『ブラッド・タロン
国籍-韓国
格闘スタイル‐テコンドー
身長-181cm
体重-68kg
血液型-O型
仕事-ストリート詐欺集団のリーダー(『3』)
趣味-ヨットセイリング(スポーツは万能)
好きなもの-ロックと喧嘩(口喧嘩も結構強い)
嫌いなもの-三島流喧嘩空手、風間仁
代表的な技-フラミンゴ、レフトプラズマブレード、ハンティングホーク、ヒールエクスプロージョン、デーモンヒール
声優-森川智之(鉄拳3~4)、イ・ジョング(韓国版4)→オン・サンヒョン(鉄拳5~)、 前野智昭(ストリートファイター×鉄拳)

概要

『3』から登場したキャラクター。それ以降のシリーズ全作に出ている。
白頭山(ペク・トー・サン)の弟子

大人数を相手に賭けストリートファイトを行い、身内にわざと負けるフリをさせ掛け金を吊り上げ、
十分に増えたところで胴元であるはずのファランが相手を全員片付け掛け金をせしめる。
これがストリートファイト詐欺の手口である。
ある日やってきた三島財閥の部隊にもそれを試みようとしたが部隊にいた風間仁が立ち塞がり、
結果仁とは『引き分け』になってしまう。以降、仁をライバル視するようになる。

師匠の白頭山と同じテコンドー使いだが、師匠とは「ハンティングホーク」「ボーンスティンガー」「ヒールエクスプロージョン」「ボールブレーカー」ぐらいしか同じ技を共有しておらず、
そもそもモーション自体が別物である。
(↑で挙げた4種の技についても、バウンド誘発やフロアブレイク可否等、性能面で違いがある)
この点において、他の後継キャラとは一線を画すキャラクターである。

本シリーズの中では人気が高いキャラクターであるが、使いこなすとなると
独自の構えによって、発生する技も空中コンボも違ってくるので
やや中級~上級者向けキャラクターとなっている。

名前の元々の意味は、新羅の男巫或いは男巫を中心とした青年組織を意味している。


性能

上述の通り、構えによって技やコンボが変わってくるため、使いこなそうとする場合はやり込みが必須。
(ニュートラルの構えですら左右の2種類あり、それに加えて左右のフラミンゴと背向けまである)
その上、他キャラと違って「技後に任意で構えに移行できる」のではなく、「技後に強制的に構えに移行する」点も扱いの難しさに拍車をかけている。
そのため、使い始めは構えの多さ&全キャラ中トップクラスの技数(技数最多はクリスティエディ、ファランはそれに次ぐ技数)で混乱は必至。
しかし、扱いに慣れて技と構えの繋がりが分かるようになると、連繋のバリエーションが増え、ファラン最大の強みである「相手に手を出させない攻め」が出来る。
スタイルがテコンドー故に技のほとんどが足技でリーチも他キャラに比べて長め。
難点は、三島系の奈落払いやポールの竜王霹靂掌のように素早く出せてダウンを取れる下段技が無いこと(ダウンを取れる下段はあるが、フラミンゴ時の技なので発生が遅く見てからガードが間に合ってしまう)、確定反撃を取れる技が少ない点等が挙げられる。守勢に回ると一転、割り込めずにKOされてしまうことも。
対策が出来ていない相手には分からん殺し出来るが、上級者相手の場合は連繋を工夫しないとスカされて痛い反撃を食らう場合がある。

また、ファランには風神拳に似た性能の「ライジングブレード」という技があり、
ライジングブレードのコマンドで最後に斜め入力するのと同時にボタンを押すと青いエフェクトを纏ったライジングブレードが出せる(通称青ライ)。
三島家…特に一八を使っているプレイヤーなら「霧足最風と同じ感覚で出せる」と言えば感覚は分かるはず。


関連イラスト

花郎
なでなで
テコンドー’S。



関連タグ

花郎 漢字表記
風間仁 3のストーリーにて、引き分けたことからライバル視している
白頭山(ペク・トー・サン) 師弟関係
スティーブ・フォックス ストリートファイター×鉄拳にて、タッグを組んでいる
テコンドー
鉄拳
眼帯(『鉄拳7 FATED RETRIBUTION』から付けている。⇒公式サイト内キャラ紹介

関連記事

親記事

鉄拳 てっけん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ファラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 129929

コメント