ピクシブ百科事典

一人カラオケ

ひとりからおけ

たった一人でカラオケすること。通称ヒトカラ
目次[非表示]

概要

通常なら複数人で集まって個室で歌うところを一人で歌う

カラオケの個室は複数人で利用するのが前提となったつくりになっている。
座席はたくさんある。ただし居るのは一人だけ。
を聴く人は本人以外誰もいない。
マイクをほかの人に手渡すこともない。

絵面としては、個室で一人盛り上がる姿は哀愁を誘う。

現在は

しかしながら、昨今ではこの一人カラオケを狙ったも多く、理由としては『宴会のために店の下調べに来た客がいる』『今日は一人でも、後日友人や同僚の人間を顧客として呼んでくれる可能性がある』など、後々の利用してもらう際に多数の客を呼び込んでもらう呼び水になってくれることを計算にいれた商売が成立している。
また平日の特に昼間など、下手に空き部屋のまま遊ばせておくよりはマシ、という単純な理由も無くはない。
近年では、ネットカフェや一般のカラオケ店にヒトカラ専用のルームを備え付けている所も増えてきたため一人カラオケの認知度も上昇しつつある。

利用する方としても、最初こそかなり抵抗感があるがいざ入ってみると

  • 一人なので二時間程度でもたっぷり歌える
  • 気を遣う必要が無いので、マイナーだったり盛り上がらなかったり長すぎるような曲でも気にせず歌える
  • 同様の理由で、練習目的で同じ曲を何度も歌ったり無理めな曲を選んだってOK
……と、「これはこれで!」というような楽しさがあったりするのである。
実際、2時間ほど歌ってドリンクとフードを少しだけ頼んでも1500円から2000円で済むため
コストパフォーマンスにも優れている(ただし、長時間歌ったり(フリータイムだったらまだまし)、フードやドリンクを多く注文すると5000円以上はかかるかも…)
普段からよく鼻歌を歌うような人なら十分に価値がある。

でもやっぱり絵面的には寂しい。
だってここpixivですものね! とほほ。

ちなみにカラオケルームを複数人で同時利用する傾向は日本人にのみ多く、日本以外ではむしろ一人カラオケのほうが主流だったりする。文化性の違いというやつだろう。

関連タグ

ニチ・ケイト

表記ゆれ

独りカラオケ ヒトカラ

pixivに投稿された作品 pixivで「一人カラオケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3916

コメント