ピクシブ百科事典

上原祐

うえはらたすく

ライトノベル「ゲーマーズ!」に登場する苦労人。

CV:豊永利行

人物

雨野景太のクラスメイトで、亜玖璃の彼氏。作中における解説役も務める。
クラスでも最も派手なグループに属する上に彼女持ちのいわゆるリア充。
中学時代は地味目なタイプで、ゲームが好きだったが高校受験を機に封印し、猛烈に勉強したものの志望校に落ちる。高校入学を機に高校デビューを果たし、景太の卑屈な性分が昔の自分と似ていたことから苛立ち、喧嘩寸前になるが、景太が見せた男気と自分の本心を偽らない姿に感じたものがあり、友人となる。
景太に触発される格好でゲームプレイを再開。景太と天道花憐星ノ守千秋の仲を見物しつつ進展させるため、ゲーム同好会を立ち上げることになる。
景太のスマホゲームの相棒「MONO」及び、雨野が愛好しているフリーゲームの作者「のべ」が、よりにもよって景太と仲が悪い千秋であることを知っていて、お互いの事を知らない二人を最初は楽しんでいたが、後々頭を悩ませることに…。
ゲームの腕は普通だが、UFOキャッチャーはかなりの腕で高校入学以降もプレイを継続していた。景品は亜玖璃に渡すなどしており、ゲームとして楽しんでいる。

人を見抜く目はかなり確かで、景太の男気、可憐の面倒さ、千秋の素材の良さなどをすぐに見抜いており、コミュニケーション能力は高いもの、ろくに人付き合いが無かった内向的だったころの経験が災いし、人付き合いに関して楽天的で夢想的。そのため意識しない誤解を招きやすく、騒動の種となることもある。(景太と天道または千秋の関係をもっと踏み込ませようとしたら、どういうわけか亜玖璃には天道や千秋が彼に好意を抱いていると勘違いされヤンデレ状態に陥ったり、千秋には亜玖璃が景太のカノジョだと間違われる羽目になったり…)

亜玖璃のと関係

亜玖璃から告白されて半年以上付き合うも、当初は高校デビューをした表面上の自分を好きになっただけとも思っていたため関心が薄かった。しかし亜玖璃が中学時代から自分を見ていたを知り、見た目に惚れた訳ではないことを知って改めて恋に堕ちる。以降は確かな眼力も亜玖璃関係となると全く駄目で、そのせいか彼の当てが外れた行動で、彼のみならず周囲の人間も人間関係に散々振り回されることになる。
景太達4人と「ラブラブ半生ゲーム」をした時に景太と亜玖璃がカップリングすることになった結果、天道と共に死んだような眼をしていた挙句、ろくでもないマスにばかり止まることに。

アニメ版では2話早々に亜玖璃を意識しだすが、3話以降は原作3~5巻のような複雑な疑心暗鬼の状態に陥ってしまうことになる。

pixivに投稿された作品 pixivで「上原祐」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10755

コメント