ピクシブ百科事典

五代十国時代

ごだいじゅっこくじだい

五代十国時代(907年 - 960年)は、中国の唐の滅亡から北宋の成立までの間、華北を統治した5つの王朝(五代)と、華中・華南と華北の一部を支配した諸地方政権(十国)が興亡した時代。
目次[非表示]

概要

907年を滅ぼした朱全忠は帝位に即き後梁を建てた。しかし、この時点で唐は中国全土を支配する統一王朝としての実態を失っており、朱全忠の勢力範囲も首都・開封を中心とする華北の一部に留り、華中・華南の群雄達は各自の独立性を強めていく。以後、華北の後梁及びその後継王朝(五代)と華中・華南の群雄達(十国)が割拠する状態へと突入した。これが五代十国時代である。なお、十国の一つ北漢が滅亡し、による全国統一が完成するのは979年であるが、一般的にはが成立した960年を以て、五代十国時代の終わりとする事が多い。

五代

後梁(907年 - 923年)
朱全忠李柷から禅譲を受け建国。都は開封後唐李存勗に滅ぼされた。

後唐(923年 - 936年)
李存勗が建国。都は洛陽後晋石敬瑭に滅ぼされた。

後晋(936年 - 946年)
石敬瑭が建国。都は開封耶律堯骨に滅ぼされた。

後漢(947年 - 950年)
劉知遠が建国。都は開封後周郭威に滅ぼされた。

後周(951年 - 960年)
郭威が建国。都は開封柴宗訓趙匡胤に禅譲し滅亡。

十国

前蜀(907年 - 925年)
王建が建国。都は成都後唐李存勗に滅ぼされた。

(902年 - 937年)
楊行密が建国。都は江都楊溥南唐李昪に禅譲し滅亡。

(909年 - 945年)
王審知が建国。都は福州南唐李景に滅ぼされた。

(907年 - 951年)
馬殷が建国。都は長沙南唐李景に滅ぼされた。

荊南(907年 - 963年)
高季興が建国。都は江陵趙匡胤に滅ぼされた。

後蜀(934年 - 965年)
孟知祥が建国。都は成都趙匡胤に滅ぼされた。

南漢(909年 - 971年)
劉隠が建国。都は番禺趙匡胤に滅ぼされた。

南唐(937年 - 975年)
李昪楊溥から禅譲を受け建国。都は金陵趙匡胤に滅ぼされた。

呉越(907年 - 978年)
銭鏐が建国。都は杭州趙炅に滅ぼされた。

北漢(951年 - 979年)
劉崇後漢を再興し建国。都は太原趙炅に滅ぼされた。

コメント