ピクシブ百科事典

諺の一種、または慣用句。

一度や二度の失敗は許しても、何度も繰り返せば許すわけには行かなくなる様子。
右の頬を打たれたら左の頬を差し出す聖人でも三度知らないと嘘を言えば、鶏が鳴き出すのである。

「三度」とは三回に限ったわけではなく、本来「さほど多くない数回」のこと
仏の顔で許してくれるのも、人によって一度や二度、四度もあれば十度もある、全くない時もある。

関連タグ

ことわざ
ブッダ 仏の顔カウントダウン

pixivに投稿された作品 pixivで「仏の顔も三度まで」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137832

コメント