ピクシブ百科事典

仏の顔も三度まで

ほとけのかおもさんどまで

諺・慣用句の一種。「仏の顔も三度」と云う言い方も有る。

諺の一種、または慣用句。

一度や二度の失敗は許しても、何度も繰り返せば許すわけには行かなくなる様子。
右の頬を打たれたら左の頬を差し出す聖人でも三度知らないと嘘を言えば、鶏が鳴き出すのである。

「三度」とは三回に限ったわけではなく、本来「さほど多くない数回」のこと
仏の顔で許してくれるのも、人によって一度や二度、四度もあれば十度もある、全くない時もある。

なお「かつて釈迦の祖国の王族達から侮辱された大国の王が、報復の為に進軍中、偶然にも4回連続で釈迦と遭遇。3回目までは気まずくなって引き返したが、4回目は無視して釈迦の祖国を滅ぼした。なお、釈迦の祖国を滅ぼした7日後に、その大国の軍隊は暴風で全滅。その時に王も死亡」と云う、結構、洒落にならない伝説が語源との説も有る。
(なお、大国の王が侮辱された経緯も「その大国の先代の王が、小国だが名門の釈迦の祖国の王族の娘を嫁にしたいと要望→大国の使者の無礼な態度に怒った釈迦の祖国の王族は、王族の娘と偽って奴隷の娘を送り付ける→そして生まれた王子が母親の生まれ故郷である釈迦の祖国に行った際に、王族達が『何で、奴隷の子供が偉そうにしてんだよwwwww』」と云うエグい代物)

関連タグ

ことわざ
ブッダ 仏の顔カウントダウン

関連記事

親記事

ことわざ ことわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仏の顔も三度まで」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151239

コメント