ピクシブ百科事典

名言(ベン・トー)

べんとーのめいげんいちらん

「名言(フィクション)」からの独立項目。「ベン・トー」に登場する名言一覧。
目次[非表示]

概要

親記事「名言(フィクション)」の項目が重くなり過ぎ、記事の閲覧編集に支障が出るようになったため、特に「ベン・トー」関連の名言をこちらにまとめるものとする。

独立項目なのでキャラクター別にしても良いかもしれません。
メイン画像は適切なものに変更してください。

ベン・トーの名言一覧

  • これ以上、行かせはしない!ジジ様が、作業を終えるまで!!(佐藤洋)
  • これが僕の答えです。つまらないんですよ、こんなの。ゲームは強い奴に勝ってこそ嬉しい。弁当だってすんなり手に入れられたら面白くない・・・知ってますか山原さん、狼達と死に物狂いで争って勝ち取った弁当の味、涙が出るくらい、美味いって事を! ジャージ、お返しするの忘れてました・・・今夜はまた、美味い弁当が食べられそうですね!(佐藤洋)
  • どれだけ群れても犬は犬だ!!(佐藤洋)
  • あっちには白粉も居るし、茶髪や顎鬚も居ます。けど、ここには僕らしか居ません。先輩言ってましたよね?傷ついた女性を目の前にして、何もしない男は嫌いだって。(佐藤洋)
  • 空腹に震えろ!モナーク!!(佐藤洋)
  • 少なくとも僕は、お前は犬なんかじゃなくて、大した奴だと思う。(佐藤洋)
  • もっと強く、もっと誇らしく生きていこう。そうあろう・・・一匹の狼として!(佐藤洋)
  • 必ずうなぎ弁当は獲って来ます。だから待っていてください。病人には他の人にあまえてもいい特権があります。(佐藤洋)
  • 慌てるな著莪、狼達に言葉なんて不要さ。こういう時は、コイツ(腹の虫)に・・・聞くまでだ!(佐藤洋)
  • 出過ぎた杭があるなら、僕は・・・ぶっ叩く!! 死ぬ気でぶっ叩く!!(佐藤洋)
  • オルトロス!!戦え!!半額弁当が欲しかったら、戦うんだ!!(佐藤洋)
  • 何て言うか・・・まだ、この味を、柔らかな食感が口に残っている内は、何も喋りたくないくらいの、美味しさです。(佐藤洋)
  • 湖の麗人か。ホントこいつは、もう立派な狼なんだな。 なぁに、お前だってそうさ。いずれ麗人に劣らぬ、二つ名が付く。(佐藤洋槍水仙)
  • 例えどんな状況であっても! 誇り高き狼として! 獲るべき物は獲る!!(佐藤洋槍水仙)
  • スーパーには、悲しい涙は必要無い!そうですよね? もちろんだ。悲しい涙なんて要らない、悲劇は必要無い。スーパーには、笑顔こそよく似合う。だろ? はい!(佐藤洋槍水仙)
  • これが、狼なんだよ!! そうよ、わんこの言う通り!! お前の言葉に一瞬でも迷った自分が、恥ずかしいぜ!! 強い狼から逃れて半額弁当を獲ったとて、美味いわけがねえんだよ!(佐藤洋、茶髪、坊主、顎鬚)
  • 礼儀を持ちて、誇りを懸けよ。(槍水仙)
  • 一度血の味を覚えた者は・・・ただの犬に戻る事は出来ない。そして豚の屈辱にも耐えられなくなる。(槍水仙)
  • ちゃんといただきますと言ってからだ!作った者、値を半分にしてくれた者、食材となった命・・・そして欲していながらも、お前に取られてしまった者達への、敬意と感謝を込めてな。(槍水仙)
  • この同好会が部だった時の、部長がこう言った。『その販売方式を含めて、半額弁当は最高の料理の一つだ。』と。 この言葉の意味が分かれば、自ずと答えは出るはずだ。(槍水仙)
  • ここは、半額弁当を狙う戦場(いくさば)だ。なのにお前は、私との戦いを優先した・・・その技も弁当への想いが伴わなければ、ただの防御に過ぎん。お前は負ける。(槍水仙)
  • まだまだだったな・・・小娘。ま、嫌いではないがな。(槍水仙)
  • 心を濁すな。 狙いをすませ、今思うべきは一つだけのはずだ。(槍水仙)
  • 私は・・・傷ついている女を目の前にしておきながら、何もしない男は嫌いだ。 なあ佐藤、もし私が目の前で泣いていたとしても、お前は何もしてくれないのか?(槍水仙)
  • いくら断食したとて、その目的が弁当ではなく、私を倒す事では、飢えた狼の力は発揮できん。(槍水仙)
  • お前は所詮、蝶に憧れただけの化け物だ。誇りも何も持たない、醜いドブネズミだ。(槍水仙)
  • 姑息な手段に頼って、己を磨いてこなかった貴様に、我々を倒せるはずがない!!(槍水仙)
  • 一つ問いたい。お前達にとって半額弁当は、ただの売れ残りの古い弁当か? いいえ!もっと、それ以上の物です!!(槍水仙佐藤洋白粉花)
  • 半額弁当を目の前に、これ以上言葉は必要あるまい・・・ならば、体に刻み込むまでだ。 教えてやるよ、狼の誇りを! 弱きは叩く、豚は潰す!それが! このフィールドのルールだ!!(槍水仙著莪あやめ佐藤洋)
  • 我らは狼!礼儀を持ちて、誇りを懸ける!! 勝者には!栄光と半額に至りし弁当を!! 敗者には!屈辱と震えんばかりの空腹を!!(槍水仙著莪あやめ佐藤洋)
  • 負けは覚悟の上。けれど、ただでは負けない。必ず次での勝機を掴んでやる! お前はちゃんと弁当獲れよ。で、あたしにちょうだい。ハグしてやるから♪(著莪あやめ)
  • あたしは東区の狼だ。魔女にとっては、あたしは敵なのかもしれない。だけど・・・許せないんだ!(著莪あやめ)
  • あんたはもはや狼どころか犬ですら無くて!ただのドブネズミだって言ってんの。分かる?(著莪あやめ)
  • 佐藤さん、私、昔からちょっと変わってるって言われてたんです。それで、その、菌があるとかっていじめられたり。でも、でも!佐藤さんも槍水先輩もそんな事全然なくて!!そ、それで!二人に会えて良かったって思ってます!!だから、だから!私は!ハーフプライサー同好会のメンバーです!! 行きましょう、佐藤さん。槍水先輩が、待ってます。(白粉花)
  • 残酷ですわ、どんな時でもお腹は空く・・・ 姉さん? 全ては儚い夢。でも今日、もう一度だけ、夢を見ましょう。例え、それが悪夢だとしても。 はい。 わがまま言ってごめんなさい。 それが姉さんの役目です。そしてそれを支えるのが私の役目。それが私達、オルトロスです。・・・最後まで。(沢桔梗沢桔鏡)
  • ねえ鏡、あの、最低で最高の糞野郎共を、ぶちのめして差し上げますわよ! はい、姉さん!(沢桔梗沢桔鏡)
  • ええ、分かっています。でも、私はもう嫌です。姉さんが泣くのを見るのも、私が泣くのも。もう嫌です、絶対に。(沢桔鏡)
  • 来い豚共、今宵お前達に餌は無い。(金城優)
  • 心配いりませんよ。狼には狼のルールがある、それを破る者は自然に淘汰されるだけです。 信じましょう・・・狼達の誇りを。(金城優)
  • 豚め! 恥知らずで 目的も礼儀も! 誇りも何もかも忘れた豚め! 弱きは、叩く。 豚は、潰す!!(茶髪、坊主、顎鬚、佐藤洋金城優)
  • もう止めましょう!モナーク、いや、遠藤さん。 あなたが本当に追い求めたのは、最強の名前なんかじゃない。自由で美しかった、あの蝶の姿だ。 ずっと分かっていたはずだ、俺もあなたも・・・名前だけ受け継いでも、あなたはあの人にはなれない!モナークバタフライは、もういないんだ!(二階堂連)
  • 佐藤!彼女達を! ああ! オルトロスを倒す!!(二階堂連佐藤洋)
  • オルトロス、今度はお前達が追う番だ・・・そうだろ? はい、是非とも追わせていただきますわ、全力で。 命を懸けて。(二階堂連沢桔梗沢桔鏡)
  • 所詮今の私は、スーパーの一店員に過ぎない。だから何もしないし、何も出来ない・・・けれど・・・私はあなた達を、一人の人間として軽蔑する!(松葉菊)
  • これからは自由に生きなさい。ガブリエル・ラチェットは解散。 けど、俺はただの犬です。今更自由に生きる事なんて・・・ 腹の虫に従えばいいのよ、野を駆ける一匹の獣のように。大丈夫、あなたなら出来るわ。(松葉菊、二階堂連)
  • その期待には応えられん・・・この街にはこの街の掟がある。それを破れば、明日から俺は狼でいられなくなる・・・だが、今日の俺は昔馴染みの名を聞けて上機嫌だ。こういう日は、つい独り言が出ちまうモンさ。(古狼)
  • アイツの目は、お前達犬とは違う。ありゃあ、狼の目だ。(壇堂健治)


関連タグ

名言(フィクション) ベン・トー

関連記事

親記事

兄弟記事

コメント