ピクシブ百科事典

地雷犬

じらいけん

英語でAnti-tank dogs(対戦車犬)またはdog mines(犬地雷)とよばれるもの。 文字通り『地雷を背負った犬』であり、日本では「地雷犬」もしくは「対戦車犬」と訳される。

第二次大戦の独ソ線初期に赤軍によって開発された動物兵器
ソ連側では「Противотанковая собака」(対戦車犬)、ドイツ側では「Hundemine」(犬地雷)と呼ばれた。
エンジンのかかった戦車の下に餌があると条件付けられた爆薬を背負わせて戦場に放ち、敵戦車の下に飛び込ませ自爆させて戦車を攻撃しようというもの。(当然、犬は爆死する。)

爆弾犬


信管は犬の背中にある起倒式の棒につけられ、戦車の底面で棒が倒れると爆発する。

走る姿勢が低い犬は発見が困難で、たとえ発見しても車載機銃の最大俯角でも届かぬ場合が多く、撃退は困難である。
一説では300両近い戦車がこの犬地雷によって破壊されたと言われている、

ただ、初期には自軍(ソ連軍)の戦車をつかって訓練したためにディーゼルエンジンに対する条件付けがされてしまい、ガソリンエンジンのドイツ戦車ではなくディーゼルエンジンを積んでいる自軍戦車に飛び込む(そして爆発する)アクシデントが続出していたらしい。
ちゃんとガソリンエンジンに対する条件付けが行われるようになって以降も、爆炎や戦闘騒音によってパニックになった犬が自陣へ駆け戻る(そして爆発する)事態が続出し、そのため早期に戦場から姿を消している。

pixivでは、そこそこの割合で某戦車道の忠犬が描かれている。

pixivに投稿された作品 pixivで「地雷犬」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5007

コメント