ピクシブ百科事典

天上不知唯我独損

はこわれ

ナックル=バイン(HUNTER×HUNTER)の念能力
目次[非表示]

天上不知唯我独損(ハコワレ)は、ナックル=バインが発現させた念能力である。

効果

ナックルが相手に念攻撃を当てることで発動する。
発動すると、相手に念攻撃で自身のオーラを強制的に「貸す」ことができる状態になる(もちろん、相手側も「借りた」分だけオーラが増す)。

オーラを貸している間は、マスコットである「ポットクリン」が相手にまとわりつく。
ポットクリンには貸し付けたオーラ量を数値化するカウンターがついており、貸した分の利息(10秒につき1割)をカウントする役割がある。10秒ごとに「時間です 利息がつきます」と喋り、オーラが増えた分だけ大きくなる。ただし、ナックルと相手の距離が100m以上離れると利息のカウントをストップする(ナックルがそうしない限り能力の解除はされない)。
ポットクリンはオーラ量をカウントするだけのマスコットなので直接的な害はなく、同時にあらゆる攻撃を受け付けない。ただし、10秒ごとに喋る上に勝手に大きくなるので、割とうっとうしい。

ナックルの貸し付けたオーラ量が「相手のオーラ絶対量」を超えると(破産)、ポットクリンが「トリタテン」に変身。1ヶ月の間相手を強制的に「絶」状態にし、一切の念能力を制限する。
借りたオーラは、ナックルへの念攻撃によって返済できる。借りたオーラをゼロにすれば、自動的にポットクリンは消える。

弱点

使用者であるナックルの優しさに起因していることであるが、この能力は敵の殺傷を目的としていない。
また、破産するかどうかは相手のオーラ絶対量に左右されるため、あまりに実力が違いすぎる相手に対しては破産させるのがかなり難しい(強い相手ほど総量が多く、攻撃による1発の返済量も大きいため)。

余談

能力名は「天上天下唯我独尊」(仏教の教え)に、「天井知らず」(上限がないこと。貸付額が際限なく上がっていくことと、相手のオーラ上限がどの程度か分からないことを掛けている?)を掛けたものと予想される。また、能力的にもナックルはオーラを貸すだけであり、破産させてもオーラが帰ってきたりするわけではない辺りが「唯我独損」なのかもしれない。
ルビの「ハコワレ」は麻雀用語で、自分の持ち点が0以下になること。作中でも同義語である「(貸付残高がオーラ量を上回った時)おめーはトぶ」という表現をしていることから、「キマればオーラを0にさせる能力」という意味であろう。

pixivに投稿された作品 pixivで「天上不知唯我独損」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69

コメント