ピクシブ百科事典

天体望遠鏡

てんたいぼうえんきょう

望遠鏡のうち、専ら天体観測に用いられるもの。

概要

天体望遠鏡とは、天体観測を目的として設計・製造された望遠鏡である。
観察者が直接覗くタイプのものは、複数枚のレンズを主体とした屈折式と、凹面鏡を用いた反射鏡式の2種類が主流である。
望遠鏡の性能は口径で決まるので、性能向上を求めると反射望遠鏡の方が有利である。

他に高度な研究用には、天体が発するX線を観測するものや、電波を観測するものも存在する。

特徴

高倍率で星を観測すると、時間経過と共に星が視野外に出てしまう。そこで、地球の自転軸と並行な軸で望遠鏡を支えて回転させ、星の動きを追尾させる装置「赤道儀」の上に装着させて使う。特に、天体写真の長時間露光をする為には、赤道儀は必須装備である。
観測地点の緯度に合わせて正しく設置された赤道儀は、見た目としては北極星を狙っているように見える(南半球で観測するなら、はちぶんぎ座の辺りを狙う)。

そこまで拘らない場合は、カメラ用三脚雲台と似た構造の経緯台に乗せた天体望遠鏡を使用する。もうアマチュアユーザーだから車に積み込んで郊外へ持ち出せればソレでヨシ!という割り切った構造の望遠鏡も結構多い。

関連記事

親記事

望遠鏡 ぼうえんきょう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「天体望遠鏡」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83428

コメント