ピクシブ百科事典

孔文革

こんうぇんが

松本大洋原作の漫画『ピンポン』の登場人物。
目次[非表示]

「我什么时候、才能跟他打?」 ――俺はいつ、奴と踊る?

演:サム・リー/アニメ版:文曄星

概要

弱小卓球部の辻堂学院高校を強化するために中国からやって来た雇われ選手。
上海ジュニアユースのエリート選手だったが、破れて日本にやって来た。
右利きで、中国式ペンホルダーを使うドライブ主戦型。
ペコからは「チャイナ」と呼ばれている。

エリート意識を持っており、初期はプライドが高く傲慢な面が目立っていたが、ドラゴンに敗北したこと、その際に受け取ったコーチからの言葉などが元で、物語が進むに連れて態度が軟化し、辻堂卓球部の育成に力を入れるようになる。

原作の最終話ではペコスマイルドラゴンアクマの5年後が語られているが、彼のみは不明のままで終わってしまった。

アニメ

原作者と監督である湯浅政明の意向により、キャラクターが大きく掘り下げられることとなる。

8才の時に工場勤務の母親のもとを離れて省のチームに参加。「国球」と呼ぶ卓球界で輝かしい記録を残しながらも、次第に戦績は振るわなくなり、日本での返り咲きを誓う。ペコとの初対戦では己の境遇を呪うかのような強い憤りを露わにした。インターハイでドラゴンに敗れてからはひとり日本に残り、辻堂の寮に入って本来の役割として期待されたチーム強化を進めていく。
他の主要キャラクターたちが孤独や挫折と向き合う中で、彼は対照的に辻堂のチームメイトと交流を深める場面が多数追加された。
クリスマスには来日した母親や寮生たちとパーティーを開き、チームで向かったカラオケでは浜田省吾の『MIDNIGHT FLIGHT -ひとりぼっちのクリスマス・イブ-』を美声で披露して視聴者の度肝を抜くことになる。

二度目の夏では再会したコーチに対して、辻堂の強化に手応えを感じている旨をどこか楽しそうに伝えており、自身もペコ戦の前に追加された一戦で海王生を相手に快勝を見せる。辻堂生たちの勝利報告も挿まれ、指導者として「孔さん」と呼び慕われている様子をうかがわせた。ペコに敗れた後は、物陰で心配そうにしている仲間たちの姿を見つけて苦笑し、飛び方を教える者として意を新たにする一幕も加わる。
なお最終回ではスマイルとドラゴンの会話に登場し、卓球界で再び日の目を見たことが明かされた。

関連イラスト

孔 文革
【中國语注意】孔爷教你做人


孔さん(14.05.21)



関連タグ

ピンポン

pixivに投稿された作品 pixivで「孔文革」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 537440

コメント