ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

忘れられた少女

わすれられたしょうじょ

忘れられた少女とは2DアクションゲームRabi-Ribiに登場するキャラクターである。 なお、忘れられた少女とは正式な呼称ではない。
目次 [非表示]

※この項目にはRabi-Ribiの重大なネタバレが記されています。


※閲覧は全て自己責任でお願いします。





















概要

忘れられた少女とはRabi-Ribiのダウンロードコンテンツ『Is the order a DLC?』におけるラスボスである。


記憶回廊の最深部で遭遇する。序盤でも一瞬だけ現れる。







※この先にはIs the order a DLC?の重大なネタバレが記されています。

※閲覧は全て自己責任でお願いします。

































































        これがわたしの最後の願い・・・・・・


    『■■■■■ the Forgotten Maiden』




















































概要 その2



最初はノアだと思われていたが、彼女はノア本人ではなく島を去る前のノアの幻影である。

つまりノアの過去の姿である。


そして彼女の本当の名前は「ノア」ではない。


「エリナ」である。



彼女は島を去る以前のノアである為、エリナと未来の自身であるノアの事は知らない。


エリナと彼女が同じ名前である理由は、おそらくパンドラと同様にルミにも彼女の記憶が残っておりペットのウサギに無意識でエリナと言う名前をつけたのだと思われる。


エリナとリボンは消滅の時が近づく彼女の最期の願いを叶える事となる。














人物

外見はエリナに酷似しており、ノアの第3段階と同じ姿である。


性格はどちらかと言えばノアではなくエリナに近い穏やかな性格で、リボンの事を嫌っている様子もない。


バニーガールの衣装がまんざらでもなかったエリナに対し、彼女はエリナの姿を見てハッキリと「破廉恥」だと言っている。  今更すぎる


ルミとイリスとは友人であり、少なくともココア、リタ、アシュリー、パンドラ、シーナとも交友関係があったと思われる。リリスとは面識はなかったらしい。







戦闘


消えかけの幻影であるにもかかわらず、その実力は凄まじい。



【第1段階】

使用してくる弾幕はノアの第3段階???の強化版。一部オリジナルの弾幕も使用してくる。


何故か戦闘が始まっても彼女のライフゲージが表示されない。

これは特殊な使用になっており、BGMがクライマックスに差し掛かると同時に表示される。



しかし表示されるのはライフゲージだけではない。


ライフゲージの上にどこかで見た星が2つ、そして画面上部には両端にエリナとリボンのアイコンのついた謎のゲージがある。




【第2段階】

一部を除くボスキャラクター(タウンメンバー)のスペシャル技を使用してくる。

これだけ見ればノアの第1段階と同じである。


だが正確には、一部を除くボスキャラクター(タウンメンバー)のスペシャル技の強化版である。

しかもポストゲームのボスキャラクターのスペシャル技も使用してくる。




【第3段階】

第1段階と第2段階は強化版ではあるが一度経験した弾幕なので慣れればある程度予測が出来るようになる。

しかし第3段階からは完全に未知の弾幕となるのでここからは己の腕だけが頼りとなる。







考察


彼女はノアの幻影なのだが。


「彼女は記憶を失くしたノアではないか?」と言う説がある。


その根拠がいくつかある。


  • 彼女はただの幻影ではない

いままで彼女以外にも幻影には何度か遭遇しているが、あきらかに彼女は異質である。

これまで遭遇した幻影は会話の余地どころか意思を持っていたのかすらわからない。

しかし彼女は会話も普通にこなしている上、明確な記憶まで持っていた。


あくまで推測だが、彼女はミリアム戦後のノアの意識が幻影に宿った、あるいはノアの意識そのものではないかと思われる。


少なくとも彼女がただの幻影では無いことは確かであり、ノアの何かしらの影響を受けた可能性は否定できない。



  • バニーメモリー

彼女との戦いが終わった後で「バニーメモリー」というアイテムが入手できる。

これはエリナへと託されたノアの記憶の欠片が具現化したものである。


ノアの記憶をエリナへと託した(切り離した)とすれば彼女が未来の自分であるノアに関わる記憶が無い事も説明できる。



  • タイムパラドックス

Is the order a DLC?のクリア後に再びノア戦の第3段階までいくと「タイムパラドックス」と言う実績が入手できる。


彼女がノアの幻影なら、ノアと彼女の関係は本体と幻影になる、いうなれば全くの他人になるので出会ってもタイムパラドックスと言えるかどうかは微妙なところである。


しかし彼女が記憶を失くしたノアなら、同じ時間に同じ人物が二人存在する事になるので辻褄が合う。


もっとも単に進行の順番の事を言っているのかもしれないが、というか昔もっと明確なタイムパラドックスが起きていた気がするが・・・




  • そもそも彼女は本当に幻影だったのか?

※下記の情報は未確定な部分が多い為、根拠とするには少し弱い。


今まで彼女以外にも幻影には何度か遭遇しているが、いずれもエリナの最近出会った人物達の幻影である。

シシニやシャロの様な最近島の外から来た者の幻影が現れる事はあったが、ノアの様な島にいない者の幻影が現れたことはなかった。


一応ノアはラビラビ島に戻ってきているのでノアの幻影が現れる事はあり得ない話ではないが、過去の姿の幻影が現れるというのはいささか不自然である。



彼女の会話によれば幻影は自然消滅するらしくそれも長時間存在する事は出来ないらしい。


彼女が島を去ったのは数年前の事であり、もし彼女がノアの過去の姿の幻影だとしたら数年は存在し続けた事になる。

彼女の会話や様子を見る限りとても数年間の過ごしていたようには思えない。


「ミリアム戦の後、記憶を失くしたノアが記憶回廊を彷徨っていた」と考えれば、最近になって現れたという事と※過去の姿で現れたということの説明は出来る。


彼女とノアの第3段階の???は同じ姿である









余談


彼女との戦闘BGM『FINALE』だが、この曲をよく聞くと『Theme of Rabi-Ribi』と『Unfamiliar Place』そしてノア戦のBGM『The Truth Never Spoken』『No Remorse』『RFN-3』の5曲のアレンジ曲になっている。


ここまで来たプレイヤーは感慨深いものを感じずにはいられない事だろう。




何故ノアという偽名を使っていたのかは明らかにならない。

アートブックを見ると、ノアはルミのもう一匹のペットのうさぎだったという没設定がある。もしかしたらその名残かもしれない。




かつてココアに冗談で「魔法少女エリナ」と言うあだ名を付けられたことがあるらしい。

あれが元ネタなのかは不明。



関連タグ

Rabi-Ribi

関連記事

親記事

Rabi-Ribi らびりび

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52725

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました