ピクシブ百科事典

日之丸街宣女子

ひのまるがいせんおとめ

日之丸街宣女子とは、青林堂のオピニオン誌『ジャパニズム』にて連載されていた漫画作品である。
目次[非表示]

概要

青林堂にて隔月で刊行されている保守系のオピニオン誌ジャパニズムにて、原作を岡田壱花氏、作画を富田安紀子氏が行って連載されていた漫画作品である。

戦後日本社会において、長らくタブーとされていた物事を題材に、漫画という形で斬り込んでいった作品として注目された。

内容

ごく普通の女子中学生である朔川奏が、幼馴染みの少年である土基に、彼の母から頼まれた届け物を渡しに行った時、罵詈雑言を叫んで暴れ回る過激な左翼在日韓国人の団体と遭遇したところを、土基と彼が所属する保守系市民団体に救われ、彼女が被害に遭わないように守ることも含め、成り行きから嫌韓デモに参加したことから物語が始まっていく。

本作の大きなテーマの一つとなっているのは日本・日本人に対する差別であり、日本人人種差別を嫌うゆえに、自分たちが差別を受けていることに疎くなっていることや、日本というの素晴らしい歴史文化伝承伝統について、戦後日本人自身が無知になっていることに対して警鈴を鳴らしている。

また、上述した過激な左翼在日韓国人団体暴動や罵詈雑言が隠蔽され、保守愛国系市民団体の印象を貶める偏向報道印象操作や、それに対する抗議電話(電凸)に対する露骨な差別的対応など、テレビニュース新聞社新聞などの大手マスコミ腐敗ぶりや、そうした過激な左翼・在日韓国人団体とその支持者たちの曲解したものの見方や犯罪じみた蛮行のリアルな様子も描かれている。

一部では、実在人物をモデルにしたキャラクターや団体も登場し、人物名や団体名の文字変更が行われている。

作品を巡る騒動

内容がないようなだけにもちろん燃えた、主人公たちが行っていたことは在特会のそれでありヘイトスピーチ規制法が出来た今であればもちろんアウトであると分かることである。帯には不逞朝鮮人が日本を引き裂くと差別用語を使い犯罪者朝鮮人を叩き出せと民族排斥とも取れるような表現も多く見られた。
そんな作品故に抗議でサイン会が中止となった差別の肯定をする作品が何も言われずに認められると思うことが間違いである。差別を肯定する表現の自由もあるがそれに対する抗議するという表現の自由もまたあり自由には責任が伴うものである。
この騒動は飛び火し集英社青年漫画雑誌である『グランドジャンプ』において、富田氏が別のペンネームで原作を担当している読み切り漫画『国際霊柩送還エンジェルフライト』(作画:きたがわ翔)が掲載されたことについて、しばき隊などの反日過激派団体がグランドジャンプの編集部に対して抗議を行い「ヘイト作家を使うな」「その作家を干せ」などという抗議が多く寄せられた、作画を担当のきたがわ氏を対する批判もあった。

防弾少年団のTシャツ騒動に抗議しない被団協は要らないと切り捨てるなどの言動もあってか作者のツイッターは凍結した。

関連動画

本書の描写と実際の写真の比較


関連書籍

  • 日本が好きでなぜ悪い!~拝啓、『日之丸街宣女子』から思いを込めて~(出版:ワニブックスPLUS新書)

富田氏がなぜ日之丸街宣女子を手がけるに至ったかの経緯と、自身が知った売国左翼在日外国人日本人迫害している現実エッセイにして綴った作品であり、漫画が苦手な人におすすめ。

関連タグ

漫画 日本 社会
政治 日の丸
ネトウヨ ヘイトスピーチ 愛国/愛国心
愛国者 親日愛国
言論の自由 表現の自由
思想の自由

差別 区別
差別レッテル レッテル貼り
日本人差別 反日
売国 売国奴
反日売国 プロ市民
マスゴミ 言論弾圧
表現弾圧 思想弾圧
報道しない自由
在日韓国人

在日特権を許さない市民の会(在特会)
レイシストをしばき隊(しばき隊)

外部リンク

青林堂 特設サイト

関連記事

親記事

ジャパニズム じゃぱにずむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「日之丸街宣女子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3823

コメント