ピクシブ百科事典

石ころ帽子

いしころぼうし

ドラえもんのひみつ道具。
目次[非表示]

概要

 初出は小学六年生1973年4月号『だれにも気にされない』(てんとう虫コミックス4巻にて『石ころぼうし』に改題)。
 坊主頭カツラのような外見の水泳キャップ型のひみつ道具で、これを被ると路傍の石の如く誰からも認知されなくなる

 すなわちこの道具は透明人間系ひみつ道具という、男性読者の大半が良からぬことを考えるであろう道具の中でも最も危険な道具である。
 この「透明人間系」に入る道具には、

  1. を完全に通過させて周囲から見えなくする」:透明マント、透明ペンキなど
  2. 屈折反射を1にしてガラス状にする」:透明人間目薬
  3. カメレオンのように周囲と同色になる」:動物型にげだし錠(カメレオン錠)
  4. 攻殻機動隊草薙素子少佐のように周囲の色を投影し認識されなくなる」:かくれマントなど
  5. 「光を強引に曲げて認識されなくなる」:片付けラッカー、いないいないシャワー、かくれん棒、モーテン星など
など22世紀の人はどんだけスケベやねんというくらいたくさん存在するが、この「石ころ帽子」はそれらとは一線を画し、無視催眠波により相手の脳や精神の認識機能そのものをいじるというシステムになっている。
 例えば他の道具であれば、砂浜の上を通れば足跡がつくし、雨が降れば人型に雨が落ち、(5.を除けば)ペンキでも浴びせられようものならすぐにどこにいるかわかってしまう。足音体臭気配を完全に消すのは素人には難しいだろうし、女風呂鑑賞とかならいざ知らず、万引き盗み食い暴行などを行えば先述した方法で簡単に足が着いてしまう。

 しかし石ころ帽子はそれら全てを消失させ、言わば使用者の存在そのものを消し去る効力を持つ為、どんな行為をやっても、絶対に下手人を認識することはできない。仮に帽子を被っている人が往来で嫌いな奴の頭をぶん殴って転ばせたとしても、被害者は「誰かに殴られた」のではなく「急に頭が痛くなったような・・・いや、気のせいだな」と認識し、周りの第三者も被害者が1人で勝手に倒れたようにしか見えず、それを特に不自然とも思わないのだ。『ザ・ドラえもんズスペシャル』においては、常時相手の心理を読むことのできるさとりという妖怪でも、石ころ帽子を被った相手は全く認識できなかったほどである。更にロボットであるドラえもんも石ころ帽子の影響を受ける為、生物だけでなく無生物、すなわち機械人工知能AI)等にも効果を発揮する。
 勿論、どんな大声を出しても、仮にそれが録音されていたとしても、監視カメラに映像として記録されていたとしても、現象として存在しているにもかかわらず、いかなる生物や機械等もそのや姿、すなわち『存在』を認識することは不可能なのである!!

 だが、問題もある。石ころ帽子は同じ石ころ帽子を着用している者以外には誰一人気付いてもらえないということである。「そんなの他の透明系道具もそうじゃん」と思うかもしれないが、石ころ帽子は頭から外れなければ永遠に効果が持続するので、帽子を被った者が何らかの理由で死亡してしまったとしても、帽子が取れない限り誰にも気づかれず(事故の場合は加害者すら帽子使用者を殺害したことに全く気づかない)その場に放置され続け(当然臭い等も無視され続ける)、帽子が取れた瞬間周りの人に認識される為、ある日突然、腐乱死体が路傍で発見されましたなんてことにもなりかねないのである。
 作中でものび太は帽子が外れなくなり、一生誰からも気づかれないまま生きかけるハメになった。幸いでしけったためにのび太は帽子を外すことができ、この短編のオチは心配をかけたことを叱責するママに向け、のび太が「気にかけてもらえるって事は、嬉しいことだねえ」と言うコマで終わっている。

余談

 『のび太の魔界大冒険』で使用した際には声が丸聞こえだったり敵の魔物が匂いで判別しているが、リメイク版『新魔界大冒険』ではスタッフが矛盾に気付いたのか、姿を見えなくするだけの「モーテン星」に差し替えられている。

似たような能力が使える他作品のキャラ


関連項目

ドラえもん 認識阻害 空気 影が薄い

pixivに投稿された作品 pixivで「石ころ帽子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9595

コメント