ピクシブ百科事典

秋期限定栗きんとん事件

しゅうきげんていくりきんとんじけん

米澤穂信の推理小説〈小市民〉シリーズ第3弾。上巻と下巻で構成される。

の終わりと共に互恵関係を解消した常悟朗ゆき。他人同士となった二人の身辺に、大きな変化が訪れる。恋の到来……! それなりの目論見もあって、それぞれの相手とお付き合いをはじめた二人。
一方、健吾が部長をつとめる新聞部は、部員・瓜野の若き野心に統率を乱していた。街で起きる連続放火事件を追う瓜野をサポートするのは、なんやかやで彼女になった小佐内ゆきその人。年を跨いで続く事件は、やがて常悟朗の目にも留まる。事実の符合から、ある人物への疑惑が深まる中、エスカレートする犯行は住宅火災寸前にまで発展する。決着の夜、瓜野が辿り着いた結論と、常悟朗が導き出した真相とは――。

pixivに投稿された作品 pixivで「秋期限定栗きんとん事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2032

コメント