ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
笑顔のたえない職場です。
0
コミックDAYSで連載されている漫画作品。作者はくずしろ。

概要

コミックDAYSで2019年5月19日から連載されている漫画作品。

作者はくずしろ


単行本はKCデラックスから発売されている。

2024年6月時点で既刊10巻。


妄想が暴走しがちな漫画家双見奈々と、そのアシスタントや編集者を描くコメディ漫画。


2025年にテレビアニメが放送予定。


登場キャラクター

  • 双見奈々(ふたみ なな)

少女漫画家。25歳。現在は月刊の少女漫画誌「クローバー」で将棋漫画「昴へ」を連載中。

妄想力が逞しく、悪い方に想像しがち。コミュ力に難があり年齢のわりに頼りない感が否めないが、漫画家としての実力は本物で、「昴へ」は人気作となっていく。スイッチが入るのは遅いが、いざ始めると集中力を発揮するタイプ。

岩手県出身。


  • 佐藤楓(さとう かえで)

双見の担当編集者。29歳。双見の才能を買っており、一緒に「昴へ」を立ち上げた。

大人でかっこいい女性だが、実際には純情で恥ずかしがりやなところがあり、双見にも上手く気持ちを伝えられていない。報連相が苦手。


漫画家やアシスタント

  • 間瑞希(はざま みずき)

双見のアシスタント。20歳。愛称「はーさん」。

暴走しがちな双見のツッコミ・ブレーキ役。

双見とは姉・を通じて以前から知り合いだった。

SNSで漫画を描いていて人気があり、出版社から声がかかったこともあるが、「自分には漫画家の才能がない」と考えてアシスタント専門を続けている。


  • ねこのて

完全リモートのアシスタント。SNSでははっちゃけているが、仕事の会話は懇切丁寧で、漫画の腕前も優れている。

当初はチャットのみの登場だったが、後に顔出しし、青森在住の16歳の女の子だと判明する。高校生だが、不登校で引きこもり。本名は樹里(じゅり)。


  • 梨田ありさ(なしだ-)

双見の元アシスタント仲間。彼女と同じく25歳で、梨田の方が先輩。双見をライバル視していると同時に、良き仕事仲間でもある。

とんでもない酒浸りで、基本的には破天荒だが、双見と同等かそれ以上にネガティブになりがち。

少年誌で「こくさんはあんしん!!」というラブコメを描いていたものの打ち切りになり、そのショックから双見の仕事場に居候を始める。

後に浅倉の担当で「君蝶」のスピンオフ連載を受け持つことになる。


  • 滝沢

双見と梨田の師匠。いろいろとハッキリした女性。担当編集は佐藤。

「君蝶」という漫画を連載中で、アニメ放映中、実写化の予定もある。今でこそ売れっ子だが、過去には打ち切りや未単行本化など苦杯もなめている。

喫煙者。


  • 早池峰和(はやちね なごみ)

双見の元アシスタント仲間。梨田とは入れ違いで入ってきたので面識はない。2人と比べてすごくちゃんとした淑女。

現在は青年向けの漫画を描いており、「着衣エロの申し子」とまで呼ばれ単行本も出している人気作家。エロ抜きにしても面白く、泣けるらしい。


出版社関連

  • 角館塔子(かくのだて とうこ)

「昴へ」の監修を行う棋士。女流三段。20歳。

コミュ力が高いモテ女で、会う人からすぐに好かれる。将棋の世界への発信拡大が野望で、「普及・布教も本業のひとつ」と考え、精力的に「昴へ」に携わる。

関西在住だが、フットワークが軽いので頻繁に登場する。

同作者の「永世乙女の戦い方」にも登場する。


  • 浅倉

佐藤の後輩の女性編集者。彼女を「姐さん」と呼んで慕う。物言いがいろいろとストレート。

後に梨田の担当編集になる。


  • 戸田

双見の元担当編集。現在は少年誌部門に異動し、「こくさんはあんしん!!」時代の梨田を担当していた。

デリカシーに欠け、双見や梨田からは仕事ぶりを疑問視されている。


  • 瀬戸内

同社の他誌「ヤングマシンガン」に所属する編集者。きゃぴきゃぴした感じだがかなり強か。

佐藤とは大学から同期で、ゼミやサークル、就職まで全て同じ。しかも佐藤より要領がいいので、彼女からは苦手に思われている。


  • 立浪

クローバーの編集長。笑みを絶やさない穏やかな女性で、双見の第一印象は「手作りのお菓子をふるまってくれるご近所さん」。

フランクな雰囲気だが、編集長を務めるだけあってかなりのやり手。

滝沢が少女漫画に移籍して最初の担当編集で、ドン底にいた彼女を救った恩人である。


  • 池波

営業担当。2年目の若手だが、仕事の手腕は大変優秀。

後に電子書籍を取り扱うデジタル部に異動する。


  • 清宮美麗(きよみや みれい)

物語途中で登場する新入社員。浅倉が教育係を務める。

か弱く見えて意外と肝がすわっている。

後に滝沢の担当を佐藤から引き継ぐ。


  • メリッサ・アンダーソン

国際ライツ部で北米向けの英語版出版を担当する。ハイテンションな女性。

大変な将棋好きで、角館の大ファン。二次元の美少年が大好き。


  • 月縄

「昴へ」の単行本表紙を担当するデザイナー。他にも有名作品を多く手掛けている。


主要キャラの家族

  • たから

豆柴の女の子。橋の下で捨てられていたところを双見が拾い、飼い始めた。


  • 間柚希(はざま ゆずき)

瑞希の姉。双見とは高校時代の友人。現在は妹と二人暮らしで、エステの仕事をしている。

双見と対照的にサッパリした性格。


  • 双見の両親

父は鳶、母は保育士。

「どんな仕事も不安定なこの時代、奈々には好きなことをして貰いたい」と考え、応援している。


  • 夜々(やや)

奈々の姉。事務員。

幼い頃の奈々は奈月に将棋に負けた後、いつも彼女の部屋に行って漫画を読んでいた。


  • 奈月(なつき)

奈々の兄。公務員。

将棋好きで、角館のファン。幼い頃は奈々と毎日のように将棋を指していた。


  • マリマキ

奈月の妻と息子。


  • 佐藤杏(さとう あんず)

楓の妹。カワイイ系で、姉とは雰囲気がかなり違う。

大学三年生で、就活に悩んでいる。


外部リンク

コミックDAYSの掲載ページ

ヤンマガwebの掲載ページ

マガジンポケットの掲載ページ

ニコニコ漫画の掲載ページ


関連タグ

漫画 web漫画

漫画家 コメディ

概要

コミックDAYSで2019年5月19日から連載されている漫画作品。

作者はくずしろ


単行本はKCデラックスから発売されている。

2024年6月時点で既刊10巻。


妄想が暴走しがちな漫画家双見奈々と、そのアシスタントや編集者を描くコメディ漫画。


2025年にテレビアニメが放送予定。


登場キャラクター

  • 双見奈々(ふたみ なな)

少女漫画家。25歳。現在は月刊の少女漫画誌「クローバー」で将棋漫画「昴へ」を連載中。

妄想力が逞しく、悪い方に想像しがち。コミュ力に難があり年齢のわりに頼りない感が否めないが、漫画家としての実力は本物で、「昴へ」は人気作となっていく。スイッチが入るのは遅いが、いざ始めると集中力を発揮するタイプ。

岩手県出身。


  • 佐藤楓(さとう かえで)

双見の担当編集者。29歳。双見の才能を買っており、一緒に「昴へ」を立ち上げた。

大人でかっこいい女性だが、実際には純情で恥ずかしがりやなところがあり、双見にも上手く気持ちを伝えられていない。報連相が苦手。


漫画家やアシスタント

  • 間瑞希(はざま みずき)

双見のアシスタント。20歳。愛称「はーさん」。

暴走しがちな双見のツッコミ・ブレーキ役。

双見とは姉・を通じて以前から知り合いだった。

SNSで漫画を描いていて人気があり、出版社から声がかかったこともあるが、「自分には漫画家の才能がない」と考えてアシスタント専門を続けている。


  • ねこのて

完全リモートのアシスタント。SNSでははっちゃけているが、仕事の会話は懇切丁寧で、漫画の腕前も優れている。

当初はチャットのみの登場だったが、後に顔出しし、青森在住の16歳の女の子だと判明する。高校生だが、不登校で引きこもり。本名は樹里(じゅり)。


  • 梨田ありさ(なしだ-)

双見の元アシスタント仲間。彼女と同じく25歳で、梨田の方が先輩。双見をライバル視していると同時に、良き仕事仲間でもある。

とんでもない酒浸りで、基本的には破天荒だが、双見と同等かそれ以上にネガティブになりがち。

少年誌で「こくさんはあんしん!!」というラブコメを描いていたものの打ち切りになり、そのショックから双見の仕事場に居候を始める。

後に浅倉の担当で「君蝶」のスピンオフ連載を受け持つことになる。


  • 滝沢

双見と梨田の師匠。いろいろとハッキリした女性。担当編集は佐藤。

「君蝶」という漫画を連載中で、アニメ放映中、実写化の予定もある。今でこそ売れっ子だが、過去には打ち切りや未単行本化など苦杯もなめている。

喫煙者。


  • 早池峰和(はやちね なごみ)

双見の元アシスタント仲間。梨田とは入れ違いで入ってきたので面識はない。2人と比べてすごくちゃんとした淑女。

現在は青年向けの漫画を描いており、「着衣エロの申し子」とまで呼ばれ単行本も出している人気作家。エロ抜きにしても面白く、泣けるらしい。


出版社関連

  • 角館塔子(かくのだて とうこ)

「昴へ」の監修を行う棋士。女流三段。20歳。

コミュ力が高いモテ女で、会う人からすぐに好かれる。将棋の世界への発信拡大が野望で、「普及・布教も本業のひとつ」と考え、精力的に「昴へ」に携わる。

関西在住だが、フットワークが軽いので頻繁に登場する。

同作者の「永世乙女の戦い方」にも登場する。


  • 浅倉

佐藤の後輩の女性編集者。彼女を「姐さん」と呼んで慕う。物言いがいろいろとストレート。

後に梨田の担当編集になる。


  • 戸田

双見の元担当編集。現在は少年誌部門に異動し、「こくさんはあんしん!!」時代の梨田を担当していた。

デリカシーに欠け、双見や梨田からは仕事ぶりを疑問視されている。


  • 瀬戸内

同社の他誌「ヤングマシンガン」に所属する編集者。きゃぴきゃぴした感じだがかなり強か。

佐藤とは大学から同期で、ゼミやサークル、就職まで全て同じ。しかも佐藤より要領がいいので、彼女からは苦手に思われている。


  • 立浪

クローバーの編集長。笑みを絶やさない穏やかな女性で、双見の第一印象は「手作りのお菓子をふるまってくれるご近所さん」。

フランクな雰囲気だが、編集長を務めるだけあってかなりのやり手。

滝沢が少女漫画に移籍して最初の担当編集で、ドン底にいた彼女を救った恩人である。


  • 池波

営業担当。2年目の若手だが、仕事の手腕は大変優秀。

後に電子書籍を取り扱うデジタル部に異動する。


  • 清宮美麗(きよみや みれい)

物語途中で登場する新入社員。浅倉が教育係を務める。

か弱く見えて意外と肝がすわっている。

後に滝沢の担当を佐藤から引き継ぐ。


  • メリッサ・アンダーソン

国際ライツ部で北米向けの英語版出版を担当する。ハイテンションな女性。

大変な将棋好きで、角館の大ファン。二次元の美少年が大好き。


  • 月縄

「昴へ」の単行本表紙を担当するデザイナー。他にも有名作品を多く手掛けている。


主要キャラの家族

  • たから

豆柴の女の子。橋の下で捨てられていたところを双見が拾い、飼い始めた。


  • 間柚希(はざま ゆずき)

瑞希の姉。双見とは高校時代の友人。現在は妹と二人暮らしで、エステの仕事をしている。

双見と対照的にサッパリした性格。


  • 双見の両親

父は鳶、母は保育士。

「どんな仕事も不安定なこの時代、奈々には好きなことをして貰いたい」と考え、応援している。


  • 夜々(やや)

奈々の姉。事務員。

幼い頃の奈々は奈月に将棋に負けた後、いつも彼女の部屋に行って漫画を読んでいた。


  • 奈月(なつき)

奈々の兄。公務員。

将棋好きで、角館のファン。幼い頃は奈々と毎日のように将棋を指していた。


  • マリマキ

奈月の妻と息子。


  • 佐藤杏(さとう あんず)

楓の妹。カワイイ系で、姉とは雰囲気がかなり違う。

大学三年生で、就活に悩んでいる。


関連タグ

漫画 web漫画

漫画家 コメディ

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    和間そばえ

    読む
  3. 3

    原作:当麻リコ・櫻田りん・鬱沢色素・雨傘ヒョウゴ 漫画:春木ハル・根子真依・小森タヲ・麻呂ねこ

    読む

pixivision

カテゴリー