ピクシブ百科事典

胡乱

うろん

胡乱とは、正体の怪しく疑わしいこと。ここでは刀語に登場するキャラクターについて解説する。

胡乱(うろん)とは

  1. 正体の怪しく疑わしいこと。また、そのさま。
  2. 確かでないこと。真実かどうか疑わしいこと。
  3. 乱雑であること。
  4. 不誠実であること。
  5. 刀語に登場するキャラクター⇒本項で解説

「胡」を「う」、「乱」を「ろん」と言うのはともに唐音。
もとは乱れたさまを表す語で、昔、胡(えびす)が中国に攻め入ったとき、住民があわてふためいて乱れたという故事にちなむ。
また、「胡散くさい」のように、「胡」には不審や怪しいという意味があり、これに秩序のない意の「乱」がついたとする説もある。

刀語

家鳴将軍家御側人十一人衆がひとり。
金髪の頭にバンダナを巻き、ゴーグルらしきもので顔を隠した筋骨隆々とした男。鑢七実が扱っていた悪刀・『鐚』の使い手で、自身を真に不死身の戦士と言い放った。
が、「殺して死なないからといって、殺し続けて死なないわけじゃないだろ」という理屈の元、『雛罌粟』から『沈丁花』まで、打撃技混成接続を喰らい、二百七十二回殺された結果、活性化能力の限界を超えて死亡した。

pixivに投稿された作品 pixivで「胡乱」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412

コメント