ピクシブ百科事典

遊山赫乃丈

ゆやまかくのじょう

遊山赫乃丈とは、「幕末機関説 いろはにほへと」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:佐藤利奈

赫乃丈一座」の座長で、また女形として活躍する一座の16歳の人気役者である。
女性であることを隠し、舞台の外では男装している。

元は長崎の裕福な商家の一人娘だったが、安政の大獄に際して「中居屋」の謀略により両親を殺され、財産も失った。番頭だった座頭不知火小僧と共に仇討ちを本懐とし、旅芝居を続けながら仇敵の行方を追っている。実は秋月耀次郎と同じく高麗の里に引き取られた孤児の1人で、幼い頃の彼と面識があった。

「中居屋」の刺客との戦いの中、秋月耀次郎に何度も命を救われ、次第に惹かれていき、復讐を果たした後は耀次郎に付き従うことを決めていた。しかし、「陽の小太刀」の担い手となると、その宿命から無意識に「覇者の首」を守る行動を取り、永遠の刺客である耀次郎に刃を向けてしまう。そして2本の月涙刀の宿命として、想い人秋月耀次郎との戦いを強いられることになる。

関連イラスト

かくさん
黄昏ト赫華



関連タグ

幕末機関説いろはにほへと 赫乃丈一座 男装 秋月耀次郎

pixivに投稿された作品 pixivで「遊山赫乃丈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1001

コメント