ピクシブ百科事典

遊星歯車装置

ゆうせいはぐるまそうち

遊星歯車装置とは『キャプテン・アース』に登場する地球外生命体キルトガングのアバター(分身体)による組織。
目次[非表示]

概要

キルトガングのアバター(分身体)であるデザイナーズチャイルドで構成される組織で、自らを「世界の夢を現す者」と呼んでいる。
リーダー格はアマラだが、実質的なリーダーはセツナである。
アマラやモコは「マクベス・エンタープライゼス」に籍を置き、表向きは軍事兵器としてマシングッドフェローの開発の手伝いをしながら、裏ではマシングッドフェローを使い、本体であるキルトガングを降下させ、地球人類のリビドーを得ようと暗躍していた。
キルトガング降下の他に、メンバーの探索やGlobeへの攻撃の為にアカリの誘拐、天海道への破壊工作なども行った。

主目的は本体であるキルトガングを地球に降下させることで、彼ら全員分身体(アバター)なので、直接地球人のリビドー収集をすることが出来ない。それゆえキルトガングの姿に戻ってから地球に降下するという手順を踏む必要があり、本来の姿であるキルトガングに戻る際は、マシングッドフェローに知的生命体のリビドーを濃縮した「高濃度リビドー」のカプセルを装填することでアブリアクション(アバターから精神のみを抽出する行為)し、「ギグモード」と呼ばれる精神体に変化させ、母船である要塞空母オーベロンから超空間移動してきた「エゴブロック」と融合する事で、初めてキルトガングとしての身体を実体化させる事ができる。
エゴブロックで地球に直接侵攻すると「リビドーバースト」を起こしてしまうため、地球の手前の通常空間でキルトガングにならなければならない上、アブリアクションの完了には4分掛かるため、3分59秒までにリビドーのカプセルを破壊されると抽出が中断されてしまう。その為、メンバーはアブリアクション完了まで、マシングッドフェローで交戦しながら時間稼ぎを行わなければならなかった。

当初は地球人社会に溶け込むためキルトガングとしての記憶を封印した状態で各地に散らばり、一定の年齢(概ね17歳前後)になるまではキルトガングの使命を知らずに成長する。何も知らずに地球人社会で暮らしてきた為、それぞれ友人関係、人間関係を持つが、テレパシーキスなどにより、キルトガングとして覚醒する事で、キルトガング本来の使命を果たそうとする。また、キルトガングの印として、掌に歯車の紋章が浮かび上がる。

メンバーはアマラモコアラヤ(テッペイ)、セツナジンアイリンバクの8人だが、テッペイは自分を差別せずに受け入れてくれたダイチと地球を選び、完全覚醒前に自分の意志でエゴブロックを破壊し、キルトガングとしての能力を捨て離脱した。

当初、アマラ、モコは二人だけで地球を侵攻しようとしたが、ダイチらとの戦いで自身とモコのキルトガングとマシングッドフェローを破壊され、2週間転位できなくなってしまったため、その間は行方不明になっていた遊星歯車装置の残りのメンバー探しに努めた。
セツナ以外メンバーを覚醒し、仲間を増やすも、ピッツとハナを使ってアブリアクションの予想位置を特定し実行を感知できるようになっていたGlobeの妨害とダイチ達との度重なる交戦により残存していた高濃縮リビドーが底を突いてしまう。

オルゴンエネルギーやリビドーと呼ばれる知的生命体のエネルギーに干渉、キルトガングに転位するのに必要な知的生命体のリビドーを濃縮したもの(高濃縮リビドー)を精製できるキルトガングの王族の一人で女王であるセツナの探索するが、見つからず、モコのシンギュラリティによりついに居場所を突き止め、アマラのテレパシーキスにより覚醒する事に成功する。

その後、セツナから高濃縮リビドーを精製し、地球の侵攻をするも悉く阻止され、危機感を感じたアマラは総攻撃する事を決めた。

関連イラスト

キャプテン&40
流浪の民なのです


アイドル
モコちゃん



関連タグ

キャプテン・アース キルトガング

外部リンク

遊星歯車機構 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「遊星歯車装置」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 97592

コメント