ピクシブ百科事典

鏡台

きょうだい

大きな鏡が据え付けられた、化粧用の棚。昭和の家庭にはたいていあった。

化粧をするときにを映すのに用いる、のついた
鏡はかなり大きく、ときには三面鏡であったり、全身を映せる姿見であることもある。
棚の部分には引き出しがついていて、化粧品ブラシアクセサリーなどをしまえるようになっている。
大正昭和時代の女性にとっては必需品と言っても過言ではなく、嫁入り道具には決まって鏡台が含まれていた。

関連タグ

化粧/お化粧 お洒落/おしゃれ

pixivに投稿された作品 pixivで「鏡台」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22357

コメント