ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

ストーリー

永遠の 『契り』 を、交わしましょう――


時は戦前。

地方の山村を見下ろす丘に建つ、怪しげな洋館を訪れる元雑誌記者の青年・時津大輔。

豪奢な洋館で彼を待っていたのは、謎めいた館の女主人・霧谷澄美と、その娘である美人姉妹たちだった。


「あなたは選ばれたのです……霧谷の娘と子を成し、この霧谷家の全てを手に入れる、唯一の男性に。

これは、我が霧谷家の昔からの習わし。私の4人の娘を好きなように抱いて 『契り』 を交わし、娘を孕ませてください」


澄美の口から語られる、にわかには信じ難い話を承諾し、大輔は霧谷家の館に滞在することとなった。


毎夜 『夜伽(よとぎ)』 と称して行われる、姉妹たちとの淫靡で濃密な触れ合い。

館に出入りする軍将校や富豪、そして不気味な使用人たち。

そして、早世したはずの四女・藤乃との、禁断の記憶。


霧谷の一族の血に秘められた謎とは? 大輔を待つ運命とは?

背徳の館で繰り広げられる、めくるめくエロスの物語。


キャラクター

誇り高き五女

霧谷紅

詳しくはこちらにて


心優しき六女

霧谷 菫(きりや すみれ)

CV:神崎ちひろ

大人しく控えめで、やや引っ込み思案の末っ子。

大輔を兄のように慕い、なついてくる。

上の姉たちとは歳が離れていることもあり、紅とよく一緒にいる。

しきたりとして夜伽に参加しているが、自分には姉たちのような魅力はない、と思い込んでいるため積極的に競おうという気持ちは薄い。


慈愛溢れる長女

霧谷 撫子(きりや なでしこ)

CV:猫井さくら

厳格な母・澄美に対して温和で母性的な性格。

妹たちからも慕われており、澄美との緩衝役として一家をまとめる。

大輔を 『未来の旦那様』 として受け入れ積極的に楽しもうとするが、長姉として育ってきたせいか、年下の大輔を自然と弟扱いしてしまう。


静寂の三女

霧谷 藍(きりや あい)

CV:萌木唯

ほとんど人と接しようとしない、無感情な少女。

冷徹で感情を表すことがなく、大輔のことも人ではないかのように見ている節がある。

まともに言葉を交わすのは、一つ上の姉・牡丹のみ。

澄美に命じられるまま、人形のように大輔に抱かれる。


気まぐれな二女

霧谷 牡丹(きりや ぼたん)

CV:葛籠アオイ

霧谷六姉妹の中でも飛び抜けて派手で、享楽的かつ刹那的な美女。

性的にもオープンな肉食系。

現在は海外留学中のため、霧谷家を離れている。


早世した四女

霧谷 藤乃(きりや ふじの)

CV:岩泉まい

故人。年齢のわりに落ち着いた雰囲気をもち、聡明ですべてを見透かすような瞳の持ち主。

妹の紅や菫にとっては色々なことを教えてくれる優しい姉であり、撫子や藍にとっては聡明すぎてどこか儚い印象の妹だった。


霧谷家の女当主

霧谷 澄美(きりや すみ)

CV:ももぞの薫

病がちな当主を助け、一族を切り盛りする厳格な夫人。

外部からの様々な圧力に負けず、霧谷の家を守るためならばどんな手段も厭わない。

自らが産んだ娘たちでさえ、霧谷家のための道具として見る節がある。


実直なメイド長

嵯峨根 綾(さがね あや)

CV:

長年、霧谷家に仕えているメイド長。数人いるメイドたちのまとめ役。

使用人歴は執事の夜久の次に長い。

澄美と同じように厳しく、かつ真面目な性格で姉妹たちの教育係でもある。


明るい新人メイド

叶内 良子(かのうち りょうこ)

CV:紫苑みやび


霧谷家のメイドの中で一番若く、最近館へやって来たばかり。

穏和で一緒にいると安らぐタイプ。


謎めいた異邦人

リュドミラ=ミハイロヴナ=グラゾフスカヤ

(愛称:リューダ)

CV:紫苑

みやび

常に微笑みを浮かべて自信たっぷりな、妖艶な美女。

人当たりも良く気さくに話しかけてくるが、どこか底が知れず怪しい雰囲気。

自分の身体が男性の目にどう映るかを心得ており、それを楽しんでいる節がある。


主人公

時津 大輔(ときつ だいすけ)

東京市内にある零細の実話雑誌編集社にて、怪奇事件ネタを担当する記者として働いて いたが、出版社が倒産してしまい無職となる。

同時に付き合っていた恋人にもふられ、失意のなか新しい仕事先を探していたところへ 『霧谷伯爵家からの招待状』 が届き、その邸宅へと赴く。

手紙の内容は、ただひとつ。『霧谷の屋敷に住み込み、書生として暮らしてほしい』 というものだった。


性格は基本的に好奇心が強く、物怖じしない。

雑誌記者(ジャーナリスト)ではあったものの、報道・公共の正義などへの意識は高く なく、取材対象は自らの興味に従うことが多い。

やや女性に弱く色香に流されやすいが、孤児として育った経緯から、常に相手の言葉や 態度を見極めようとする冷静な部分も持ち合わせる。

関連記事

親記事

アトリエかぐや あとりえかぐや

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30675

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました