ピクシブ百科事典

風ノ旅ビト

かぜのたびびと

that game company が製作したPS3のアドベンチャーゲーム。
目次[非表示]

『風ノ旅ビト』(原題:JOURNEY)は、プレイステーション3アドベンチャーゲームで2012年3月15日にPlay Station Storeで配信された。ダウンロード専用ながらも、2012年のゲーム・オブ・ザ・イヤーを総なめにした傑作。
ちなみに輝かしい受賞ラッシュの一方で、開発元のthatgamecompanyが開発期間の延長による財政難から、本作の完成を待たずに破産していたという壮絶な裏話も。

そのゲーム性と風景の美しさにとことんハマる人も多く、「ゲームプレイを1週間中断しないと取れないトロフィーが取得最難関」と言われる。

iTunesと海外PS Storeでは『風ノ旅ビト』のサントラもリリース。日本のiTunes Storeではアルバム750円、1曲150円。iTunesのページはこちら。

内容

プレイヤーは、赤いクロークのような衣装を纏った「旅ビト」となって、文明の痕跡が残る広大な砂の世界の向こう、高くそびえる山に向かって進んでいく。
オフライン状態における単独での目的地到達も可能だが、このゲームの真価が発揮されるのはオンラインでの二人旅。同時にプレイしているどこかのプレイヤーとランダムでペアになるのだ。コミュニケーションの手段は限られているが、それでも何かが通じる瞬間に心を動かされるプレイヤーは少なくない。エンドロールの終わりには、同じステージで旅をしていた相手のIDが並ぶ。

旅ビト
砂漠のど真ん中で座禅を組むプレイヤーの分身。出来るのはシンボルによる自己主張(ポワポワ)、布パワーを消費しての羽ばたき、そしてひたすら歩くこと。斜面を華麗に滑り降り、高所からの着地もなんのその、中盤以降のアイツに何度弾き飛ばされようとへこたれない不屈の踏破者である。
周回プレイによってクロークの裾の模様が複雑になっていくため、複数周回者が初心者と出会った際には妙な自負心や責任感を覚えることも。リセットプレイも楽しいため、初心者クロークで玄人の動きを見せるやつがたまにいる。

白ビト(白い旅ビトを指す通称)
ある条件を満たすことでクロークの色を変更できるようになる。いわばやり込みの証で、白ビトともなると先達としてのプライドも芽生え、同時に謎の余裕や包容力まで備わるケースが多い。初心者時代に白ビトとの幸運な出会いを果たし、感銘を受けたプレイヤーは少なくない。
白ビト同士の旅ともなると、しばしば収拾のつかない珍道中が繰り広げられる。

”トーチャン”と”カーチャン”

公式から公開された旅ビトのプロトタイプと、ゲーム内に登場するあるキャラクターについての、ファンの間での通称。

トーチャン

プロトタイプ描いてみる


ゲーム内には登場しないプロトタイプ。
製作元ゲーム会社のTwitterアカウントが公開したイラストにて、その姿が確認された。
リンク先(外部サイト)
プロトタイプには明確に「手」が存在していたようだ。
その佇まいから、闘士ノ旅ビトと呼ばれることも。

カーチャン

風邪ノ旅ビト

←後ろの白い人
ゲーム内にしばしば登場する、白くて大きなヒト。旅ビトたちにとって導き手のような存在。
正体は不明(示唆はされる)だが、ファンの間では「御先祖様」と呼ばれたり、その優しげな佇まいから「カーチャン」と呼ばれたりしている。プロトタイプの旅ビトを「トーチャン」と呼ぶのもおそらくはカーチャンとの対比。

pixivに投稿された作品 pixivで「風ノ旅ビト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2529550

コメント