ピクシブ百科事典

黄金を抱いて翔べ

おうごんをだいてとべ

『黄金を抱いて翔べ』とは、高村薫のサスペンス小説。もしくは2012年に公開された同名の映画のこと。

概要

『黄金を抱いて翔べ』とは、小説家・高村薫によるサスペンス小説週刊新潮掲載後の1990年12月に新潮社より単行本が発売された。大阪の街でしたたかに生きる6人の男「幸田弘之」「北川浩二」「北川春樹」「楚要煥」「野田」「岸口順三」が企んだ、銀行本店の地下深く眠る6トンの金塊強奪計画を描いている。

2012年には井筒和幸監督のもとで実写映画化された。

外部リンク

Wikipediaの同記事

関連記事

親記事

井筒和幸 いづつかずゆき

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「黄金を抱いて翔べ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 134684

コメント