ピクシブ百科事典

RedDeadRedemption2

れっどでっどりでんぷしょんつー

Rockstar Gamesより2018年に発売された西部劇時代を描くアクションアドベンチャーゲーム。頭文字を取ってRDR2と略される。
目次[非表示]

システム

狩り

狩りは今作において重要な要素である。なぜなら、狩りで得た肉や皮は店で売ってお金にできるだけではなく、装備のアップグレードやギャングへの寄付にも使えるからである。
その流れもかなり本格的で、追う動物によって適切な武器を選び、より良い個体を選別し、足跡を追い、風向きと自身の匂いに気をつけ、急所を狙い撃つ事でより状態の良い皮を入手することができる。最良品を手に入れられればそれを寄付して新たな装備を作ることも可能。
ギャングとしての活動よりもこっちの方に没頭するプレーヤーも数多い。

強盗

ゲーム中はNPCの乗る馬や馬車、はては列車に至るまで強盗が可能。ゲーム内には盗品を取り扱う盗品商がおり、彼らのもとに盗んだものを持っていくことで現金に変えることができる。
序盤は雀の涙程度でリスクに見合わないものの、ゲームが進み物資を積んだ馬車の情報などを教えてもらえるようになると良い小遣い稼ぎとなる。

ベースキャンプ

ダッチギャングの拠点となるベースキャンプでは、仲間たちとの語らいや消耗品の補充、食事やアイテムの作成、ミニゲームなどを楽しむことができる。
冒頭の強盗失敗により、現在ギャングは困窮状態であり、メンバー全員に活動資金の寄付を募っている。
金や物品を寄付することで活動資金を蓄えることが出来、それに応じて補充される消耗品の種類や新たなアクティビティを増やしたりできる。
仲間同士での会話などのやり取りもかなり豊富なため、定期的に戻って聞いてみるのも良い。

ストーリー

1899年、アメリカ。開拓時代が終わり、法執行官は無法者のギャングを一掃し始めた。
降伏や屈服しない者たちは、次々にその命を奪われていった。

西部の町、ブラックウォーターで大掛かりな強盗に失敗した後、アーサー・モーガンとダッチギャングは逃亡を余儀なくされる。
連邦捜査官と国中の賞金稼ぎに追われる中、ギャングたちが生き延びるためにはアメリカの荒れた土地で強奪、暴力、盗みを働くしかなかった。抗争に関わるほど、ギャングはバラバラにされる危機に見舞われる。
アーサーは、自らの理想と自分を育ててくれたギャングへの忠誠、そのどちらかの選択を迫られる。

関連記事

親記事

RedDeadRedemption れっどでっどりでんぷしょん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「RedDeadRedemption2」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「RedDeadRedemption2」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135705

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました