ピクシブ百科事典

レディ・カワグチの編集履歴

2016-09-02 20:45:55 バージョン

レディ・カワグチ

れでぃかわぐち

レディ・カワグチとは、アニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』の登場人物である。

「生意気ね。でも、すてきよ」
CV:東條加那子

人物像

三代目メイジン・カワグチユウキ・タツヤ)と同じく「カワグチ」の名を受け継ぐ女性。囲碁将棋で例えるところの「女流名人」に相当する人物である。あまり饒舌ではないためにクールな印象を与えるものの、かなりの熱血。
幼い日のフミナが憧れ、目標とした女性ガンプラファイターその人であるが、年齢がバレるという理由でその事を頑なに否定している。
ガンプラ学園のキジマ・シアとも面識を持ち、彼女の実力にも一目置いている。

本人曰く「口下手」で、丁寧な説明よりもバトルを通じて厳しく後進を指導するスパルタ気質の持ち主。手加減や容赦を知らず、見込んだ相手を圧倒することで足りないものに気付かせていくスタイルをとる。その一方で、認めた相手には自らバトルを願い出るなど、強敵が育つことを喜ぶ器の大きさを持つ。
ニールセン・ラボでの合宿中にガンプラ学園所属のアドウ・サガに完敗を喫したフミナの前に現れ、バトルを通じて彼女とその愛機・ウイニングガンダムに欠けている要素を露呈させる形で指摘した。
全国大会ではメイジン・カワグチと共に試合を静観。フミナやシアには特に目をかけており、時に直接彼女らの元へ赴いて言葉を交わした。決勝戦の直前にフミナからの申し出を受け、再戦を約束。メイジン杯では混戦の中で言葉どおりに彼女とのバトルに臨み、フミナに加えてシア、カオルコの三人を楽しげに相手取って見せた。

主な使用ガンプラは魔竜剣士ゼロガンダム及び紅武者アメイジング
主にSDガンダムを用いるが、六年前に関東選抜大会に出場した時はスターゲイザーガンダムを愛機としている。ただし、前述の理由もあり本人は「覚えていない」とはぐらかしている。
カワグチの名は伊達ではなく、メイジンが過去に使用したガンプラも難なく使いこなす事ができ、メイジン杯のエキシビジョンバトルではケンプファーアメイジングを使用してメイジンのザクアメイジングとの演舞に興じた。

関連項目

ガンダムビルドファイターズトライ
メイジン・カワグチ ホシノ・フミナ キジマ・シア
スターゲイザー 魔竜剣士ゼロガンダム 紅武者アメイジング
残念な美人