ピクシブ百科事典

レム(ウルトラマンジード)の編集履歴

2017-09-30 11:09:54 バージョン

レム(ウルトラマンジード)

れむ

レムとは、『ウルトラマンジード』に登場する人工知能(AI)。

「彼の父親は、ベリアル。ウルトラマンベリアルです」

CV:三森すずこ

概要

リクの住む街にある天文台の地下500mの地点に位置する「星雲荘」と呼ばれている秘密基地の中央指令室に設置されている報告管理システム。
自称「声だけの存在」で、常に機械的な敬語口調で話す。
基地内で会話する際は、メイン画像にあるような黄色い電球のようなコアを点滅させる。

「Bの因子」を持つ朝倉リクに秘密基地の所有権を譲渡し、ジードライザーウルトラカプセルを託すと共に、彼が悪の戦士:ウルトラマンベリアルの息子であることを伝えた。
以降、怪獣出現地点にリクを転送したり、球体型偵察機「ユートム」を発進させて怪獣出現現場をモニターに映し出したりリトルスターの探索に活用したりとリク達をサポートする。
場合によっては重要な情報を提供してくれることもあるが、リトルスターの詳細に関しては開発者によって情報がプロテクトされていたためにアクセスすることができなかった。

レムという名は「名前がないとやりづらいから」という理由でリクによって与えられたものだが、自身は「レポート(Report)・マネジメント(Management)のイニシャル」と勝手に解釈するなど、割とユーモラス(?)な一面もある。
また当初は「マスター」と呼んでいたリクを、本人の指示を受けて「リク」と呼ぶようにしたり、悪ふざけをしたリクをこらしめるために記憶喪失という名の故障を演じる(あれ、CV三森すずこで記憶喪失って前にどこかで…)など、意外に融通も利く高性能なAIである。また第3話ではリクの命令でマスコミに向けて「ウルトラマンジード」の名前と彼が「敵では無く、運命に逆らい立ち上がるもの」と言うメッセージを送った。

なお、基地は元々ベリアルの所有物だったらしいが、放送前のカウントダウンメッセージでは「どこの勢力にも属していない」と語っており、ベリアル融合獣と戦う際にも特別な反応は見せなかったため、どういう意図を持って活動しているのかは不明。
ただ、第11話にて自身の出生の秘密を知ったリクに「レムは味方?」と問われた際は「今のマスターはリクです」と迷わず答えている。

余談

担当声優の三森すずこは、かつて自身のラジオ番組で『怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜』を紹介した際に同作への出演をプッシュしていたが、本家の方に出演する事になった模様(もちろん、これはこれで大変名誉なことであるが)。
なお、『怪獣娘』には三森と同じ事務所に所属する徳井青空や、『ジード』でペガッサ星人ペガ役を演じている潘めぐみが出演していた。

レムを擬人化したイラストも投稿されている。

AI?声だけ?謎システム


第13話ではどうやら、肉体を持つことへのあこがれを抱いているようだが……?

関連タグ

ウルトラマンジード