ピクシブ百科事典

宇宙猿人ゴリの編集履歴

2020-07-02 21:20:55 バージョン

宇宙猿人ゴリ

うちゅうえんじんごり

特撮番組『スペクトルマン』の原題。もしくは、それに登場するダークヒーロー。

概要

放映当初は『宇宙猿人ゴリ』が番組タイトルで、序盤はゴリ&ラーの猿人コンビが主役で物語が進んでいった。
公害問題を題材にしたことが(公害を出していた)スポンサー企業の反感を買い、「悪役が番組のタイトルなのはおかしい」というクレームもあって、第21話から内容を一新した『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』に変わり、40話からヒーローとしてのスペクトルマンを押し出した『スペクトルマン』になった。

ゴリのキャラクター

猿に似た住民が平和に暮らす惑星EIQ300(!!)を誇る天才科学者ゴリクーデターを謀るが、逮捕され、精神改造刑を受ける事となる。
寸前にゴリを慕う元軍人ラー脳筋)が救出し、二人で惑星Eを脱出。しばし宇宙UFOで放浪していたが、偶然見つけた地球の美しさに惚れ、それを汚す人類に激怒。「地球を必ず支配する!」と決意する。
ゴリは次々と公害を利用した怪獣を作り出し地球の支配を図るが、いつも成功寸前でラーがへまを仕出かし、ネビュラ星エージェント「スペクトルマン」に野望を阻まれるのだった。

余談

  • 実写映画『魁!!クロマティ高校 THE MOVIE』には、なんとゴリとラーが本人役で登場し、クロマティ高校をジャックしてしまうというトンデモ展開になっている。
  • バラエティ番組『決め方TV』では「スペクトルマン」の映像が使用されており、ゴリとラーがテーマに則した会話をしている。


関連項目

空想科学大戦:明らかにモドキング一味はこの番組が元ネタ。
トカ&ゲー:ゴリとラーにインスパイアされたキャラ。ただし完全にコメディリリーフである。彼らの持つ「宇宙エンジンゴリ押し」にもゴリとラーの名残がある。
ルパン三世(キャラクター)水野亜美:IQが300あるキャラクター。