ピクシブ百科事典

宇宙猿人ゴリの編集履歴

2020-10-09 16:20:23 バージョン

宇宙猿人ゴリ

うちゅうえんじんごり

特撮番組『スペクトルマン』の原題。もしくは、それに登場するダークヒーロー。

概要

放映当初は『宇宙猿人ゴリ』が番組タイトルで、序盤はゴリ&ラーの猿人コンビが主役で物語が進んでいった。当時の話題作「猿の惑星」に影響を受けて製作された。

公害問題を題材にしたことが(公害を出していた)スポンサー企業の反感を買い、「悪役が番組のタイトルなのはおかしい」というクレームもあって、第21話から内容を一新した『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』に変わり、40話からヒーローとしてのスペクトルマンを押し出した『スペクトルマン』になった。

ゴリのキャラクター

猿に似た住民が平和に暮らす惑星E。IQ300(!!)を誇る天才科学者ゴリクーデターを謀るが、逮捕され、精神改造刑を受ける事となる。
寸前にゴリを慕う元軍人ラー脳筋)が救出し、二人で惑星Eを脱出。しばし宇宙UFOで放浪していたが、偶然見つけた地球の美しさに惚れ、それを汚す人類に激怒。「地球を必ず支配する!」と決意し、地球に秘密基地を建造する。
ゴリは次々と公害を利用した怪獣を作り出し地球の支配を図るが、いつも成功寸前でラーがへまを仕出かし、ネビュラ星のエージェント「スペクトルマン」に野望を阻まれるのだった。
手話のようなオーバーリアクションをしながら話す姿が特徴的。

極初期には、ゴリは地球のサルを改造して猿人の部下(ラー2号、等)を増やしていたが、ラーが地球産の生物を嫌悪していたり、徐々に登場人物も整理されたので、たった2人だけの悪の組織という奇妙な状況になった。
…実は撮影準備が間に合わず、怪獣の造形物が足りなかったから苦肉の策でもある。

常に空飛ぶ円盤(飛行メカ)の中で悪事を考え、部下とボケツッコミ漫才をしながら状況を観察していると、ヒーローが現れて悔しがる、肝心な時に部下がミスして大失敗、次回こそは必ず勝つ!と言いながら結局逃げちゃう、初期エンディングテーマはとても悔しそうな悪役の歌、これじゃあ事実上は悪役サイドが主人公じゃないのか?という内容は、後のコレこいつらみたいな雰囲気でもある。

最終回前後編では、スペクトルマンを倒す為の最強怪獣デサイトマンを創造するものの敗北。それと同時に秘密基地も怪獣Gメンに暴かれてしまい、ゴリは全力で忠臣ラーを改造手術して、スペクトルマンと戦わせた。
最後の戦いに辛勝したスペクトルマンから「その優れた頭脳を宇宙の為に使って欲しい」と勧められるものの、ラーを含めて全てを失ったゴリは、死を選んで自爆する。
スペクトルマン任務完了。

余談

  • 実写映画『魁!!クロマティ高校 THE MOVIE』には、なんとゴリとラーが本人役で登場し、クロマティ高校をジャックしてしまうというトンデモ展開になっている。
  • バラエティ番組『決め方TV』では「スペクトルマン」の映像が使用されており、ゴリとラーがテーマに則した会話をしている。


関連項目

空想科学大戦:明らかにモドキング一味はこの番組が元ネタ。
トカ&ゲー:ゴリとラーにインスパイアされたキャラ。ただし完全にコメディリリーフである。彼らの持つ「宇宙エンジンゴリ押し」にもゴリとラーの名残がある。
ルパン三世(キャラクター)水野亜美:IQが300あるキャラクター。