ピクシブ百科事典

IntelCoreの編集履歴

2021-03-06 00:26:47 バージョン

IntelCore

いんてるこあ

インテルから発売されているCPUの主力ブランド。

概要

2006年以降、インテルが設計開発・製造するCPUの主力ブランド。主にメインストリームからハイエンドに属する製品にこのブランド名が与えられ、下位ブランドにPentiumCeleronがある。

種類

Intel Core(オリジナル版)

2006年Intelは第5世代のPentium4である『Tejas』の発売を予定していた。しかし、発熱・消費電力の問題が解決できなかったため中止となってしまう。そこでインテルは、Pentiumシリーズに変わる新たなCPUを開発することとなった。
ノートパソコン用に開発されたPentium Mをベースに、高効率と低電力を目指して開発された。こうして誕生したのが『Intel Core』である。

Kikayon(キカヨン)

動作確認用のCPUで、商品化はされていない。

Yonah(ヨナ)

当初は第3世代PentiumMとして開発されていたが、発売前にこの名前となった。
ノートパソコン用として発売されたが、デスクトップパソコン用のマザーボードも発売された。
デュアルコア(2コア)の『Core Duo』とシングルコアの『Core Solo』が存在する。

Core 2 シリーズ

2006年に発売されたCPUで、Pentium Mの改良ではなく、Coreマイクロアーキテクチャとして完全に新規に設計された。これまで以上の性能と低発熱・省電力を売りにしており、一時AMDに奪われていたシェアを取り戻した。
このシリーズからデスクトップ版も登場した。
ハイエンドデスクトップ・ワークステーション向けの『Core 2 Extreme』、4コア4スレッドの『Core 2 Quad』、2コア2スレッドの『Core 2 Duo』、ノートパソコン用で1コア1スレッドの『Core 2 Solo』と、様々な種類がある。

Core i シリーズ

Core2シリーズの後継として現在に至るまで続いているブランドである。
最初の第1世代Core i(Nehalemマイクロアーキテクチャに基づく)製品は2008年から発売された。

上位モデルである『Corei7』、メインストリームの『Corei5』、家庭向けである『Corei3』、2017年から展開された最上位である『Corei9』のサブブランドがある。

2020年現在の最新世代は第11世代Coreプロセッサである。

関連タグ

CPU Intel
Atom Celeron Pentium Xeon