ピクシブ百科事典

戦闘ヘリの編集履歴

2012-02-09 11:17:16 バージョン

戦闘ヘリ

せんとうへり

戦闘型軍事用航空ヘリ。

戦闘ヘリとは

ベトナム戦争中に登場した軍用ヘリコプター
元はUH-1汎用ヘリコプターに、僚機を援護するための武装を追加したもの。

 戦闘ヘリや軍用ヘリコプターを中心に描いた戦場のイラストなどに付けられるタグ。
 攻撃ヘリ・対戦車ヘリとも呼ばれ、英語ではガンシップとも呼ばれる。

敵から見れば非常に厄介な兵器である。
地面すれすれで飛ばれればAWACSでも発見出来ず、
地形によってはレーダーロストする事が多い、
と非常に厄介。

飛行音も、
『地形に沿って飛ぶ』、
『林や建築物等を遮蔽物にする』
とほとんど聞こえず、
携行型地対空ミサイルが発達した現在であっても、歩兵にとっては死神同然である。

着地同然の超低空飛行の為にミサイルが使えなかったため、
移動し続けるヘリを照準レーザーで捉え続け、
そのままレーザー誘導爆弾で撃破したという話もある。
湾岸戦争F-15Eイラクヘリコプターを「撃墜」している)

しかし、元々がヘリコプターなので被弾に弱いという弱点も抱えている。
(耐空するだけでもエンジン出力の多くを使っているため)
AH-64 の場合は、
『12.7㎜の直撃か、23㎜砲弾片の数発分に耐える程度』(メーカー)
とされている。
これは『空を飛ぶもの』全般に共通する問題だが、
防弾については非常に心許ないものと言えるだろう。

各国の戦闘ヘリ

開発国
アメリカAH-1(通称コブラ),AH-1W,AH-64(通称アパッチ
ロシアMi-24(通称ハインド),Mi-28,Ka-50,Ka-52
ドイツPAH-2
フランスEC 665
イタリアA129
中国武直-10
南アフリカ共和国AH-2


架空の戦闘ヘリ

ジガバチ攻殻機動隊
ヘルハウンド機動警察パトレイバー

関連タグ

軍事 ミリタリー 攻撃ヘリ 対戦車ヘリ ヘリコプター