ピクシブ百科事典

カテジナ・ルース

かてじなるーす

アニメ『機動戦士Vガンダム』に登場するキャラクター(←before)。
目次[非表示]

↓after

カテジナさん



CV:渡辺久美子

概要

年齢:17歳
ウーイッグにある商店の娘。

ウッソや子供達を気遣う良識を持った女性として登場したが、その実、家庭を顧みない父と愛人を作っていた母に幻滅しており、更にはウッソからの一方的なメールを疎ましく感じ、子供をパイロットにするリガ・ミリティアには嫌悪感を抱いていた。
このような背景があったためか、クロノクルに捕えられザンスカール帝国に身を寄せてからは急速にマリア主義に染まっていき、やがてリガ・ミリティアから離反してウッソ達の宿敵と化す。

前述の通り序盤は冷淡ながらも良い感じのお姉さんといった雰囲気を見せていたが、中盤からはMSのパイロットとして戦場に赴き、ウッソ達と何度も交戦する中で彼に対して次第に憎しみを募らせていき、徐々に狂っていく。

終盤ではすっかり顔つきも変わり、エンジェル・ハイロゥ攻防戦では、専用機のゴトラタンを操り鬼神のごとき活躍を見せ、シュラク隊オデロ機を撃墜する。
その頃からカテジナの言動は口調こそ冷静だが、内容は全く意味を持たない支離滅裂で衝動的なものとなり、エグい奇行が目立つようになる。その究極の形が「水着のお姉さん作戦」であり、彼女の狂気と悪女っぷりの象徴の一つとなっている。
(このあたりの描写が過去シリーズでの強化人間に近いものだったので、カテジナは何らかの調整を受けたのではないかという説もあるが、TVシリーズ本編では明言されていない)

ウッソとの決闘の末に最終的には生き残るものの、憎んでいたウッソの前に敗北したばかりか、恋人のクロノクルを喪い、自らもかつての記憶と視力の殆どを失うという悲惨な目を見ることになった。
最終回で自分が犯した罪を忘れ聖女のような穏やかな表情で日々を過ごしているカテジナの姿は一見すると救いのように見えるが、冨野監督によれば、ただ死ぬよりも残酷な末路を辿らせる意図があったとか。

常識人だったカテジナが回を追うごとに悪逆非道になっていたのは、人は環境によっていかようにも変わってしまうということを示しているのかもしれないが、カテジナがここまで変貌した心理描写のようなものがわかりやすい形で描かれていないので、一体制作スタッフはこのキャラを通じて何を伝えたいのかと当時の視聴者は戸惑い続けるしかなかった。それどころか担当声優の渡辺久美子氏も当時はカテジナというキャラクターにあまり共感できなかったと語っている。
ただもしかすると、「人間が変わってしまう理由に対して、他人が簡単に理解できるわけがない」という冨野監督流の皮肉も多分に混じっているのかもしれない。

ガンダム史上最悪の女性キャラ

ガンダムシリーズの中でも屈指の悪女と評されるキャラであり、「ガンダム三大悪女」においては必ずと言って良いほどその名が挙がるほど。
それゆえ当時は軽蔑を込めて「カテ公」と呼ばれたりもしていたのだが、突き抜けたドクズっぷりが一周回って妙なカリスマ性を発揮し、近年では人気悪役キャラとなっている。畏怖を込めて「(おかしいですよ、)カテジナさん」と呼ばれるほどになった。
Vガン勢の登場人物の中で唯一フィギュア化された点から見ても、その人気の高さが窺える。

搭乗機


メディアミックス作品

ノベライズ版では強化人間に改造されており、ゲームに登場する場合に強化人間となっている場合がある。

また、コミックボンボン漫画版では一切登場しておらず、漫画版の最後の敵はクロノクルになっている。
彼女が仮に登場していたらどんな事になっていたのやら…

ことぶきつかさによる漫画『いけ!いけ!ぼくらのVガンダム』では、シャクティ・カリンに爆弾を仕掛けられて爆殺されるという最期を遂げる。
この時のシャクティの台詞「あんだけ悪事働いといてまだ生きてたか」「そんな事はスタッフが許してもこの私と視聴者が許すもんですか」は、多くの読者の共感を呼んだ。

スーパーロボット大戦シリーズでは、第2次GやDにおいて展開次第で味方になる。
(第2次Gではオペレーターとなり、自軍パイロットとして使用できるのはDのみ)
α外伝では(原作では生き残ったにもかかわらず)死亡してしまう。

関連タグ

機動戦士Vガンダム 
カテ公 カテジナさん 闇堕ち 悪女
おかしいですよカテジナさん とち狂ってお友達にでもなりに来たのかい?
綺麗なカテジナさん←声優つながり
カテレジーナ/レジ公/おかしいですよ、レジーナさん!中の人ネタ

pixivに投稿された作品 pixivで「カテジナ・ルース」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 410664

コメント