ピクシブ百科事典

サー・クロコダイル

さーくろこだいる

サー・クロコダイルとは、少年漫画『ONEPIECE』の登場人物である。
目次[非表示]

「……いいか小僧……この海をより深く知る者程そういう軽はずみな発言はしねェモンさ」
「言ったハズだぞ てめェの様なルーキーなんざこの海にゃいくらでもいるとな!!!」
「この海のレベルを知れば知るほどに そんな夢は見れなくなるのさ!!!」
……どこの馬の骨とも知れねェ小僧が……!! このおれを誰だと思ってやがる!!!

守りてぇもんはしっかり守りやがれ!!! これ以上こいつらの思い通りにさせんじゃねェよ!!!

概要

王下七武海の海賊。
主人公モンキー・D・ルフィと最初に本格的戦闘を繰り広げた七武海である。

顔面を横断する傷跡、左手の義手フック、分厚いロングコートが特徴で、葉巻を愛用している。笑い声は「クハハハ」。歳は46歳(2年後設定で)。

本編の26~22年前程前の20代前半という若さで七武海に就任した七武海の中でも古株であり、その後白ひげに惨敗した事で一度大人しくなる。
しかし、古代兵器プルトンの話をどこからか知り、アラバスタ王国にその目を向け、表向きは「海賊を狩る英雄」として活躍しながらその影で犯罪会社バロックワークスを立ち上げ、アラバスタ王国の乗っ取りに向けて暗躍していた。

かつて新世界に進出したこともある実力者で、経験も豊富。
悪魔の実の「覚醒」(獄卒獣について)のことを、作中、最初に言及した人物でもある。

麦わらの一味ニコ・ロビンはバロックワークス時代のビジネスパートナー。

プロフィール

本名サー・クロコダイル
異名Mr.0(バロックワークス時代)
懸賞金元8100万ベリー→???ベリー
所属無し
能力スナスナの実(自然系)
出身地不明
身長253cm
誕生日9月5日
CV大友龍三郎


人物

己以外の何者も信じず、自分の部下でも役に立たないか用が済むと即座に切り捨てる冷酷非道なエゴイストかつ実力主義者であり、周到に策略を巡らせ野望の達成を図る謀略家でもあった。
自らの本性・目的を隠し、アラバスタでは十数年以上海賊を狩って治安維持に努めた「英雄」として賞賛され、海軍も彼を信用してアラバスタには部隊を配置していなかったほど(他の王下七武海の例を見ても、これほど警戒されていなかったのはせいぜいバーソロミュー・くまぐらいで非常に珍しい)。
自らの正体の全てを隠し、その上でバロックワークスという一大犯罪結社を作り上げているあたり、彼の狡猾さ・優秀な手腕がうかがえる。

アラバスタでは海賊王を目指すというルフィに対して偉大なる航路の厳しさを語り嘲笑ったが、彼の思い描く理想もまたルフィと同じ海賊王であった(クロコダイル自身は過去に白ひげに敗北しており、それ以降その夢を諦めリアリストとなった様子)。
ルフィに語った偉大なる航路の厳しさは、内心自身が抱いていた諦めにも等しかったわけであり、前述のリアリスト的側面も自身の挫折に由来していた様子。

そして、かつて自分が敗北した白ひげには恨みがあると語りながらも、内心では彼を認め憧れていた節もあり、マリンフォード頂上戦争で彼がスクアードに刺され、スクアードの言葉で白ひげ傘下の海賊団達の心が白ひげから離れかけた際には「そんな弱い男に負けたつもりはない」と珍しく激高。
更に、自分はかつてロビンに裏切られた際に彼女の死をもって許そうとしたのに対し、白ひげはスクアードの全てを許しその行動一つをもって傘下の海賊団達からの信頼を取り戻すとその様子に強い感情を見せた。

アラバスタでのルフィとの対決での敗北や、頂上戦争での白ひげの生き様に思うところがあったのか、インペルダウン編以降、冷酷さは影を潜め、頂上戦争ではルフィや白ひげ海賊団を度々助けている(クズ野郎と罵っていたMr.3に対しても、マゼランを食い止めた姿を見て感心する姿が見られる)。
戦争終結後は古代兵器などではなく自身の手で成り上がるべく再び新世界に進出することを決めているなど、心情も大きく変化した様子。

戦闘能力

「 能力にかまけたそこらのバカどもとは おれは違うぞ 鍛え上げ研ぎ澄ましてある・・・!!!」

スナスナの社長


悪魔の実スナスナの実(砂人間)
解説体を砂に変える、触れたものから水分を奪い取る、砂嵐を起こす
種類自然系

悪魔の実を最大限活かした戦闘を得意とする。
体を砂に変えることができ、砂に変えた部分を固めて砂の刃にして敵を切り裂いたり、全身を砂に変えてそれなりのスピードで移動・回避することもできるなど応用力は高い。
更に掌で砂嵐を起こすことができ、砂嵐で敵を吹き飛ばしたり、その応用で圧縮した砂嵐を衝撃波として放つことも可能。

もう一つの能力として、自身の掌か砂に触れたものの水分を奪うことができ、一度水分を吸収し始めれば、人体は一瞬でミイラに、木はたちまち枯れておがくずになり、岩盤でさえも砂に変える。
相手の体に触れられれば勝てるという初見殺しである。

このように鍛え上げた自らの能力に絶対の自信を持っている。
能力の特性上砂漠での戦闘を得意としており、本人をして「砂漠の戦闘でこのおれに敵う者はこの世にいない」と豪語するほど。
マリンフォード頂上戦争では、白ひげ海賊団や海軍との戦闘を切り抜け、ミホークやドフラミンゴと渡り合うなど、王下七武海に恥じない実力を見せた。

自然系であるため基本的に格上の武装色の覇気使いの攻撃でなければ物理攻撃が通じず、作中ではドンキホーテ・ドフラミンゴの斬撃を受け流したりしているものの、能力の特性上、水気があると本体が砂化できなくなるという致命的な弱点がある。
クロコダイル自身もこの弱点は十二分に把握しており、触れて相手の水分を奪う、砂やフックによる攻撃技などほかの攻撃手段で対処するなどぬかりはない。能力の弱点を見破り対策を用意したルフィでさえも一度は敗れている。
水に濡れると戦闘能力は著しく低下してしまう為か、アラバスタでは「ダンスパウダー」を用いて活動地域に雨が降らないように工作を行っていた(こちらはネフェルタリ・コブラの信用失墜の方が大きな目的だったようだが)。
能力上、液体の毒を攻撃と防御に用いるマゼランは天敵となるためか、彼を「地獄のボス」と評しインペルダウンの脱走中は交戦は避けていた。

義手のフックはルフィを貫く切れ味と、クロコダイルの技量も相まって、黒刀「夜」の斬撃を受け止める頑丈さを持つ。
金色のカバーの下には奥の手としてサソリの毒針が仕込んであり、触れればをも融解させ、常人ならばかすれば死に至る。また、毒針の奥にはナイフが仕込まれている。

このように戦闘では能力と近接戦でフックを用いて戦う。

砂漠の宝刀(デザート・スパーダ)
右手を砂の刃に変え、巨大な斬撃を放つ。
大地を容易く両断するほどの威力を誇る。

”砂漠の金剛宝刀”(デザート・ラ スパーダ)
砂で出来た斧のような刃を4本同時に放つ砂漠の宝刀の強化版。

砂漠の向日葵(デザート・ジラソーレ)
砂漠で使用できる技。砂漠のことを十二分に知り尽くしたクロコダイルが、地下の水脈を探知して刺激することで、巨大なアリジゴクのような流砂を作り出して相手を呑み込む。
地形などに条件が必要だが、一度発動すれば相手の行動を大幅に制限でき、単独で脱出することは困難。クロコダイル曰く、流砂とは「墓標の要らねェ砂漠の便利な棺桶」。
ゲームでは地形関係なしに使用することも。

三日月形砂丘(バルハン)
右腕を三日月のような形の砂の刃に変え、ラリアットのように一閃する。
斬られた相手は水分を奪われ、一瞬のうちにミイラ化してしまう。
なおルフィのようにミイラにされた直後でもを飲めばミイラ化した部分を元に戻すこともできる。

砂嵐(サーブルス)
掌から小さな旋風を起こして砂嵐を巻き起こし、周囲のものを纏めて吹き飛ばす。
発生させた砂嵐はその場に残存させることも可能で、気候によっては周囲の砂や風を取り込みながら規模を拡大し、最終的には一つを呑み込むほどの大災害と化す。巨大化した場合は発生からわずかな期間でクロコダイル自身でも制御不能となる。
”砂嵐「重」”(サーブルス ペサード)という圧縮して放つことで衝撃波とする強化技もある。

干割(グラウンド・セッコ)
浸食輪廻(グラウンド・デス)
掌を地面に押し付け、そこを中心に大地に伝うあらゆるものから「」を奪い取り、地面をひび割れさせ、ついには砂に還してしまう。
影響範囲は掌に伝う物全てで、範囲はアラバスタ宮殿の全体程度。クロコダイルの周辺にいる人間もそのままいれば干からびる。欠点は地面に手をつかなければならないためその間動けなくなる事。しかし地面に触れていれば干からびてしまうため、普通はクロコダイルに近づくことも攻撃することすらままならない。
また、物体を砂へ変化させるまでにはしばらくの時間があり、ルフィのようにジャンプすれば影響から逃れる事は可能。

活躍

過去

22歳の時にゴール・D・ロジャーの処刑を見届ける。
ルフィたちと同様ルーキーとして偉大なる航路を駆け上がり、20代前半という若さで七武海に就任した。その後白ひげに戦いを挑むも敗北。しばらくおとなしくしていたが、古代兵器プルトンの話をどこからか知り、アラバスタ王国にその目を向け、表向きは「海賊を狩る英雄」として活躍しながらその影で犯罪会社バロックワークスを立ち上げ、アラバスタ王国の乗っ取りに向けて暗躍していた。

偉大なる航路

アラバスタ王国

アラバスタ王国のっとりまでギリギリのところまで成功するが、敗れても敗れても立ち上がってくるルフィの執念の前に敗北、麦わらの一味の活躍で阻止された。
その後海軍によって捕縛。脱獄する機会はあったものの、「シャバに興味はない」と自らインペルダウン入りを選んだ。

マリンフォード頂上戦争篇

マリンフォード頂上戦争直前には、白ひげを討てる機会に血がたぎってシャバへの関心を取り戻し、ルフィに脱獄の協力を持ち掛ける。革命軍イワンコフに弱みを握られていたため裏切りを制限されながら、エースを救い出そうとするルフィと共に脱獄を果たした。

頂上戦争の戦場では、当初こそかつて因縁があった“白ひげ”の命を狙っていたが、スクアードの裏切りを受けながらも命を懸けて戦う白ひげの生き様を見ながら「お前たちの喜ぶ顔が見たくない」と戦う相手を海軍に変更。
ダズ・ボーネスがルフィをかばってミホークに切り捨てられた際にはルフィをミホークからかばってダズを叱咤激励したり、エースの処刑を妨害するなど活躍した。最後は瀕死のルフィを逃がすため白ひげ海賊団の面々と共に大将赤犬相手に戦った。

頂上戦争以後は、“偉大なる航路”のある島のある町で傷を癒す。バロックワークス時代の部下ダズ・ボーネスに「(心の)傷は癒えたのか」という皮肉に「新世界について来るか」と返し、ダズを相棒として再び“新世界”へ進出した。

新世界

2年後の動向は不明だが、アニメではドンキホーテ・ドフラミンゴの七武海脱退の記事を読んでいるシーンがる。

余談

  • 元懸賞金

元懸賞金が8100万ベリーと他の七武海の元懸賞金額と比べても低いが、これはバロックワークスを立ち上げる前の早い段階で世界政府に実力を認められて七武海に早期に加入したため(同様の例としてボア・ハンコック)と、クロコダイルが自分の危険性を隠して政府に危険度を低く見積もられていたため(スモーカーもクロコダイルを「奴は昔から頭のキレる海賊だった」と評している。同様の例としてマーシャル・D・ティーチ)。
作者はクロコダイルの懸賞金について「七武海加盟後に結成し政府に隠していたバロックワークスのことが加味されていたならば8100万の倍以上には跳ね上がっていただろう」と語っている。

インペルダウン脱獄の際、マーシャル・D・ティーチがルフィを床に叩きつけて血を流させた際驚いている。このことから「クロコダイルは覇気を身につけていない所か知らないのか」とする意見もあるが、戦闘でのクロコダイルは能力主体であり、ジョズなどの攻撃は普通に反応するなどそういうわけではない。
実はルフィが血が流したのは、ティーチと接触したまま地面に叩きつけられて地面に激突したため(アニメ版ではより分かりやすくなっている)。
もし覇気ならば、覇気使いのボア・サンダーソニアがルフィを地面にたたきつけてもルフィはダメージを受けなかったように、ゴムなのでダメージは受けなかった。
クロコダイルはティーチのヤミヤミの実の能力を知らなかったために驚愕したのである。

  • かつての仲間?
海賊時代の仲間は不明。アラバスタではルフィに対して「他人と馴れ合っちまったが為に死んでいく。そういう奴らをおれはごまんと見捨ててきた」「どうしようもねェ事なんざ世の中には腐る程ある」「他人の目的の為に…?そんな事で死んでどうする。仲間の一人や二人…!見捨てれば迷惑な火の粉はふりかからねェ!全くバカだ、てめェらは!!」等と言っており、ダズの皮肉から、ゲッコー・モリアと同じようにかつての白ひげとの戦いで失い、そのトラウマゆえに仲間との絆などを忌避していたものと思われる。

  • 弱み?
過去、エンポリオ・イワンコフに因縁があり、彼(彼女)に弱みを握られている。
そのため、「女性化させられたことあるのではないか?」と巷で言われる。pixiv上では度々クロコダイル女性化イラストが散見される(サラダ食べて海賊王



関連イラスト

沙の鳄
花の愛し方


この俺を誰だと思ってやがる
理想について



関連項目

ONEPIECE  海賊(ONEPIECE)
ダズ・ボーネス 
モンキー・D・ルフィ エドワード・ニューゲート エンポリオ・イワンコフ 

バロックワークス
ニコ・ロビン ボン・クレー ギャルディーノ

王下七武海
ドンキホーテ・ドフラミンゴ

アラバスタ王国 
ネフェルタリ・ビビ

砂漠   たばこ

pixivに投稿された作品 pixivで「サー・クロコダイル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 315397

コメント