ピクシブ百科事典

ハハコモリ

ははこもり

ハッハァ~ン♡ポケ、もといこそだてポケモン。図鑑番号542。むし・くさタイプ。とくせいは「ようりょくそ」「むしのしらせ」。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.542
英語名Leavanny
ぶんるいこそだてポケモン
タイプむし / くさ
たかさ1.2m
おもさ20.5kg
とくせいようりょくそ / むしのしらせ / ぼうじん(夢特性)


進化

クルミルクルマユハハコモリ

ハハコモリ一家



図鑑説明

ポケットモンスター ブラック

ちいさい ポケモンを みつけると うでの カッターと ねんちゃくいとで はっぱの ふくを ぬう しゅうせい。

ポケットモンスター ホワイト

おちばが はっこうする ねつで タマゴを あたためる。 クルミルに はっぱで おくるみを つくる。

概要

ハハコモリとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
クルマユがトレーナーに十分懐いている状態でLvアップすることで進化する姿。
名前の由来は『子守葉々篭る』の二つの意味だと思われる。
モデルとなった生物はオトシブミとコノハムシ
母親を思わせる名前や習性だが、ママンボウ同様♂も存在することをお忘れ無く(その場合はパパコモリと呼ばれることも)。

ストーリーではジムリーダー・アーティの切り札として登場。
この時点では珍しい2進化ポケモンなので、最初にツタージャまたはミジュマルを選んでいる場合は、
炎または飛行タイプのポケモンを育てていないとなかなかの苦戦を強いられる。

ゲームでの性能

図鑑説明と外見から母性溢れるポケモンだが、こう見えて意外に攻撃的で、こうげき種族値が103ある。
第6世代で種族値が上がったペンドラーよりもさらに高い。
それを活かせるシザークロスリーフブレードつるぎのまいを自力で、つめとぎつばめがえしシャドークローをわざマシンで覚えてくれるので火力は中々のものである。

特攻の種族値は70と並程度しか無いが、威力の高いリーフストームむしのさざめきといった技は勿論、同族や格闘タイプに更に優位に立てるエアスラッシュ(遺伝技)や、威力は低いが後続やダブル・トリプルでのサポートとなるエレキネット(教え技)も存在している。

ただ搦め手に優れるくさタイプにしては覚える状態変化技がくさぶえしかなく、弱点も多いので実戦で使うのはやや厳しいか。
そのせいで優良ポケモンぞろいである第五世代の虫タイプの中ではハズレ扱いされているが、あくまでそれらの中では見劣りするだけであり、十分実戦的な種族値配分であることは間違いない。

一方、進化別ごとに覚える技に違いの大きいポケモンであり、
●クルミル時…こらえるねばねばネットむしのさざめきじたばた
●クルマユ時…くさぶえ
という風に、その時にしか覚えられない技も存在している。特に太字の部分は汎用性が高いので注意したい。

アニメでのハハコモリ

アーティのポケモンとして初登場。『ハッハァ~ン♡』という、非常に色っぽい鳴き声が話題になる。
ゲーム準拠ならば性別は♂のはずだが、結局判明しなかった。
また、サトシの手持ちとしてクルミルが参入しクルマユに進化、その後第3期ED「七色アーチ」の映像でハハコモリが確認され、BW第74話冒頭でついに最終進化を迎える。
因みにサトシのハハコモリは『ハハァ~リ』と鳴く。
サトシのほかにもルークの手持ちポケモンとしても登場している

アーティさ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



主な使用トレーナー

アーティ / ジムリーダー(イッシュ)
ルーク
サトシ

関連イラスト

クル・クル・ハハ
ヤグルマのもり



関連タグ

ポケモンBW ポケモン一覧 パパコモリ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハハコモリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1390183

コメント