ピクシブ百科事典

ある継母のメルヘン

あるままはのめるへん

「ある継母のメルヘン」とは、ピッコマで連載中の漫画作品(現在は休載中)。原作は韓国。
目次[非表示]

概要

鉄血の未亡人、ノイヴァンシュタイン城の魔女、貴婦人の恥......。 これらは全てシュリー・フォン・ノイヴァンシュタイン侯爵夫人を指す言葉である。 夫を失くした後、世の中から後ろ指を差されながらも、姉弟ほどしか年の変わらない血のつながらない子供たちを育てあげた。 そしていよいよ長男ジェレミーの結婚式の日を迎え、今までのすべての苦労と努力が報われると思っていたが、それは大きな勘違いだった…! 結婚式に来るなと言われ、失意の中城を去り田舎へ向かう途中、彼女は事故に巻き込まれ命を失うことになり、気が付くと七年前の死んだ夫の葬儀の日に戻っていたのだ。 そして二度と以前のような後悔にまみれた人生は生きないと心に誓う!(ピッコマより抜粋)

登場人物

主要登場人物

シュリー・フォン・ノイヴァンシュタイン 主人公。23歳(逆行前)→16歳(逆行後)。田舎の貧乏貴族の出だが父親程年の離れた侯爵と結婚し、弟妹ほどの年齢差の4人の子供たちの継母になる。夫が数年で他界し16歳で未亡人となり、遺言によりジェレミーが結婚するまでの臨時の当主として「黄金の獅子」といわれる侯爵家を背負うことになった。
夫との約束を果たしたジェレミーの結婚式当日に山賊に襲われ死亡。気付いたら夫・ヨハンの葬儀の日に回帰していた。
1度目の人生は自分自身と家門を守ることで精一杯だったが、2度目の人生は余裕ができ、すれ違いばかりだった家族に変化が現れる。
しかし前世では明らかならなかった謎が波乱を呼びーーー。

ノラ・フォン・ニュルンベル ジェレミーと同い年の少年。21歳(逆行前)→14歳(逆行後)。ニュルンベル公爵家(騎士家門)の公子。度々シュリーを助けてくれる、空気の読める心の優しい子。しかし両親とは関係が上手くいっておらず、そこには皇太子や前皇后の関わりがあるようだ。
回帰前は彼についてシュリーはようやく思い出す程度しか関わりがないようだが……。

ジェレミー・フォン・ノイヴァンシュタイン シュリーの義息子。ノイヴァンシュタイン家の長男。21歳(逆行前)→14歳(逆行後)。騎士希望の剣術馬鹿。回帰前は皇室騎士団長。
父親っ子で父・ヨハネスが自分達よりシュリーを優先してるように見えてシュリーに反感を持っていた。
回帰後は早期からシュリーを味方する言動をとり、暴走する兄弟たちを制御する場面も。

テオバルト・フォン・バーデン・ヴィスマルク 22歳(逆行前)→15歳(逆行後)。カイザーライヒ帝国皇太子。人当たりのいい少年だが、二面性が窺える。シュリーに好意を寄せているが、純粋な恋心とは違い思惑がある様子。逆行前はシュリーとの関わりはほとんどなかった。
現皇后の実子を差し置いて皇帝・教皇庁の指示のもとカイザーライヒの皇太子の座に君臨する。
物心がついた頃には母は他界しており、母親という存在に強い憧れをもっている。その事が、シュリーやノラにまで影響を与えている。

ノイヴァンシュタイン家

エリアス・フォン・ノイヴァンシュタイン シュリーの義息子。19歳(逆行前)→12歳(逆行後)。若さが有り余った暴れん坊の次男。
母親っ子。容姿は武人家門だった前侯爵夫人家の特色をしているが武術はからっきし。
空気を読むべき所では意外に読める繊細な一面もある。

レオン・フォン・ノイヴァンシュタイン シュリーの義息子。15歳(逆行前)→8歳(逆行後)。容姿は天使な侯爵家の末っ子の双子の片割れ。幼くして両親を亡くしたことを受け止めきれずシュリーを「ニセモノ」と呼び八つ当たりする。双子のレイチェルと組んでヤンチャはするも、本好きで少しデリケートな少年。回帰前は家族内で「侯爵家の頭脳」と呼称され、侯爵家では一番頭脳明晰との事。

レイチェル・フォン・ノイヴァンシュタイン シュリーの義娘。15歳(逆行前)→8歳(逆行後)。容姿は天使な侯爵家の末っ子の双子の片割れ。幼くして両親を亡くしたことを受け止めきれずシュリーを「ニセモノ」と呼び八つ当たりする。年の離れた兄達にも気負いせず喧嘩をふっかけるヤンチャでお転婆な女の子。目に見えてシュリーに反感を持った態度をとっていたが、後に「ママ」と呼び懐くようになる。

ヨハネス・フォン・ノイヴァンシュタイン シュリーの夫。故人。享年45。晩年、年の離れたシュリーを娶ったことで醜聞が広まったが、多くの人に偲ばれる偉大な人物だった。病のため自身で死が近いのは気づいていて、他人のシュリーに後継者教育をし異常と思える程の使命感を持たせた当本人。
シュリーとの関係性も裁判編が始まるまでは謎だったがどういった思惑があるのかは未だ謎である。

アリーチェ・フォン・ノイヴァンシュタイン ヨハネスの先妻で、ノイヴァンシュタイン家の四兄弟の実母。故人。双子を産んで間もなく病死した。武門の家柄・ライヒ伯爵家の出身で、自身も女だてらに戦場を馬で駆けていた。

使用人
グウェン ノイヴァンシュタイン家のメイド長。逆行前における、シュリーの数少ない理解者。

ロベルト ノイヴァンシュタイン家の執事。

アルベルン ノイヴァンシュタイン家の騎士団長。逆行前はシュリーのことをよく思っていなかった。結果的に逆行前にシュリーが殺される原因を作ってしまう。

エヴァレット ノイヴァンシュタイン家の騎士団副団長。

ノイヴァンシュタイン家傍系
ミュラー・フォン・ノイヴァンシュタイン ヨハネスの弟。次男。シュリーのことは時間をかけて懐柔しようとしていた。伯爵。

フリードリヒ・フォン・ノイヴァンシュタイン ヨハネスの弟。三男。ヨハネスの葬儀の日にしか出てこない単発キャラ。侯爵。

ペンシュラ・フォン・ノイヴァンシュタイン ヨハネスの弟。四男。ヨハネスの葬儀の日にしか出てこない単発キャラ。伯爵。

ヴァレンティノ・フォン・ノイヴァンシュタイン ヨハネスの弟。五男。妹のルクレツィアと組んでノイヴァンシュタイン家を乗っ取ろうとする。無頼者。

ルクレツィア・フォン・セバスティアン ヨハネスの妹。長女。兄のヴァレンティノと組んでノイヴァンシュタイン家を乗っ取ろうとする。裁判編でシュリーが前妻アリーチェの実家・ライヒ家の力を借りるため再登場。ライヒ家の実権を握るローズマリー夫人と親しいらしい。伯爵夫人。

皇室

マクシミリアン・フォン・バーデン・ヴィスマルク 皇帝。ヨハネスのことは頼りにしていた。

ルドヴィカ・フォン・バーデン・ヴィスマルク 前皇后。故人。皇后に内定していたエリザベートを押しのけてマクシミリアンと結婚。シュリーと瓜二つ。テオバルトの母。男爵令嬢。

エリザベート・フォン・バーデン・ヴィスマルク 現皇后。ノラの伯母。第二皇子レトゥランの母。ニュルンベル公爵家出身。

レトゥラン・フォン・バーデン・ヴィスマルク 第二皇子。皇后の実子だが、病弱。

ニュルンベル公爵家

アルブレヒト・フォン・ニュルンベル ノラの父。ニュルンベル公爵。現皇后エリザベートの弟。ヨハネスの親友。逆行前も幾度となくシュリーを助けてくれた。穏やかで優しい人柄だが、何故かノラに対しては厳しい。

ハイデ・フォン・ニュルンベル ノラの母。ニュルンベル公爵夫人。病弱。シュリーの影響もあってノラへの態度が変化し、夫アルブレヒトに「あれほど切実に望んで生まれてきたあの子が私たちから離れようとしている。あなたはそんな未来を望んでいるの? アルブレヒト」とノラへの態度を考え直すように忠告。

ノラ・フォン・ニュルンベル

ハインリッヒ公爵家

ハインリッヒ公爵 貴族院議会のメンバー。ジェレミーに娘オハラを嫁がせたがっている。

クラウディア・フォン・ハインリッヒ オハラの母。故人。クライン伯爵家の娘。その死は娘オハラに多大なる影を落とした。

オハラ・フォン・ハインリッヒ ハインリッヒ公爵令嬢。逆行前はジェレミーの婚約者だった。結婚式前日、シュリーにジェレミーが結婚式に来るなと言っていると伝えるが、実は……

ライヒ伯爵家
ローゼマリー・フォン・ライヒ ライヒ伯爵の母親。ライヒ伯爵家の実権を握る。ルクレツィアを可愛がっている。

ヘルマン・フォン・ライヒ ライヒ伯爵。ヨハネスの前妻アリーチェの兄。花を育てるのが趣味。

アグファ子爵家
シュリーの実家。
アグファ子爵 シュリーの父。

アグファ子爵夫人 シュリーの母。金を手に入れるため、シュリーをヨハネスに嫁がせ、今度は金持ちの男と再婚させようとした。

ルーカス・フォン・アグファ シュリーの兄。金をせびって冷たくあしらわれたことに逆上してシュリーに襲いかかり、偶然通りがかったノラに撃退された。

その他貴族
バイエルン侯爵未亡人 貴族院議会のメンバー。シュリーのことは高く買っている。

シュヴァイク伯爵 貴族院議会のメンバー。剛毅な性格。シュリーのことは評価している。

教皇庁
リシュリー卿 枢機卿。テオバルトの歴史と聖書の授業を担当している。シュリーに意味深な発言を残したり、ジェレミーを罠に嵌めたりとノイヴァンシュタイン家に思うところがある様子。
ここからネタバレ注意












実は逆行前、シュリーが死んだのは事故ではなく彼が計画した暗殺計画。帝国有数の名家の貴婦人であるシュリーを隣国の山賊の仕業に見せかけ暗殺し、隣国に攻め込む大義名分を作ろうとしたのだ。

教皇 前述の暗殺計画にゴーサインを出す。その死が「惨たらしいものでなければならない」という彼の指示の結果、騎士団長アルベルンがその場に立ち尽くすことしか出来ないほど無惨な死がシュリーに与えられた。

関連記事

親記事

ピッコマ ぴっこま

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ある継母のメルヘン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ある継母のメルヘン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162

コメント