ピクシブ百科事典

おてきり

おてきり

御手杵(刀剣乱舞)と石田正宗きりこ(しんけん!!)のコンビ/カップリングタグ
目次[非表示]

概要

おてきりとは刀剣乱舞のキャラクタ―「御手杵」と、しんけん!!のキャラクター「石田正宗きりこ」の、クロスオーバーコンビ/カップリングのことである。→真剣乱舞

発端

刀剣乱舞の御手杵は、天下三名槍の1本である「御手杵」の付喪神(→刀剣男士
しんけん!!の石田正宗きりこは、かつて石田三成が所有していた打刀「石田正宗」と縁を結んだ少女(→真剣少女
という設定のキャラクターである。

この二人のキャラクターの元となった一本と一振りを、かつて結城秀康という戦国武将が同時期に所持していた。その事実にときめいた一部の兼業プレイヤーがこのカップリングを見出したことから「おてきり」という組み合わせが生まれた。

結城秀康と御手杵/石田正宗

・ 御手杵:天正18年(1590年)に、結城秀康は結城晴朝の養子として家督と結城領を継いだ。このときに晴朝の愛槍であった御手杵も一緒に譲られたという。
秀康亡き後は、上州前橋松平家に伝来。昭和20年5月25日の東京大空襲にて焼失。

・ 石田正宗:慶長4年(1599年)に、佐和山城に蟄居処分となった石田三成を道中護衛した結城秀康は、その礼として三成から五郎正宗を譲り受けた。この刀を「石田正宗」と名づけた秀康は、生涯にわたって石田正宗を愛用したという。
その後、秀康の末裔にあたる津山松平家に伝来。現在は東京国立博物館所蔵。

身長差47cm

各々のゲームの公式設定資料集/キャラブックによると、御手杵192cm、石田正宗きりこ145cmほど
その差驚異の47cm。身長差カプ好きにはたまらない。
(ちなみに矢○真里&中○昌也元夫婦の身長がこれと完全に一致。気になる方は画像検索されたし)
ただし、石田正宗きりこはゲーム中の台詞に「ちっちゃいからってバカにしてるな!?」という自身の低身長を気にする台詞があり、公式キャラブックにおける表記も「145cmほど」と一人だけ曖昧な記述になっていることから、自身の身長をサバ読みしている疑惑が有る。そのため実際の身長差はこれ以上かもしれない。素晴らしい。

余談

御手杵は第二次世界大戦で焼失したため、他の焼失経験を持つ刀のように石田正宗のことを覚えていない可能性がある。(が、無用の長物の回想を見る限り、御手杵は江戸時代のことを覚えているようなので、石田正宗のことを覚えているか忘れているかは刀剣乱舞に石田正宗が実装されてみないと分からない)






注意

この二人は別個の作品のキャラクターである為、公式での絡みは一切なく、捏造カップリング及びコンビである。

関連イラスト

ツイッターまとめ1(おてきり編)
【宣伝】おてきりアンソロ「abut47cm」に参加します




関連タグ

刀剣乱舞 しんけん!!
版権クロスオーバー
真剣乱舞  しんらぶ しんけん乱舞←刀剣乱舞としんけん!!のクロスオーバーを指すタグ

pixivに投稿された作品 pixivで「おてきり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 578

コメント