ピクシブ百科事典

くおんたむ(バーチャルYouTuber)

くおんたむ

くおんたむは、2018年に活動を開始した日本のバーチャルYouTuber。Live2DとFacerigを用いる2DCGによるキャラクターアニメーションで動画を作成している。
目次[非表示]

概要

オリジナルキャラクターである「結城くおん」のキャラクターデザインからLive2Dでの実装、声優、動画制作に至るまで、全てを個人で行なっているクリエイターである。
主にダークウェブ(深層Web)や科学に関する動画をアップしており、独特な声と核融合発電フェイクニュース等といった特徴的な動画内容により、2018年10月現在、Youtube上にてチャンネル登録者が1000名を超えている。
初めての自己紹介動画は2018年の7月9日に投稿されたが、2018年10月15日に2回目の自己紹介動画が投稿された。
7月の自己紹介動画では自身を「個人系高校生バーチャルユーチューバー」と称していたが、10月の自己紹介動画では「バーチャル大学の医学科3回生」と称していた。
わずか3ヶ月間での大幅な変化により、視聴者の間ではタイムリーパー説や別の時間軸説が出ている。

人物

中の人の年齢や性別などの情報は公開されておらず、ファンからは「幼女」と呼ばれている。
性別は量子の重ね合わせ状態という設定であり、視聴者に観測されている間は女の子になる。

概要にて記述した通り、一回目の自己紹介動画では中の人は高校生となっていたが、2回目の自己紹介動画では中の人はバーチャル大学で臨床医学を勉強する医学科の3回生となっている。
臨床医学を学ぶ理由として、高校生の頃に精神的に不安定な時期があり、その時に精神科医に救ってもらった経験から精神科医になりたいからと語っている。

「くおんたむ」という名前はサイエンスを扱うチャンネルであるので、そのことにちなんだ名前をつけたいという想いから「量子」を意味するQuantumを平仮名表記にして「くおんたむ」と命名した。

生配信の際は様々な特技を披露しており、その代表例として円周率を150桁まで暗唱できると言うのがある。強すぎやしません?

現在、くおんたむに登場するキャラクターは結城くおんの1人だけであるが、将来的にはさらに登場キャラクターを増やしたいと話している。

経歴

  • 2018年6月28日にTwitterにバーチャルYouTuberになるために準備を進めていると投稿。同7月9日にYouTubeに自己紹介動画を投稿し、活動をスタートさせた。
  • 2018年7月11日にバーチャルYouTuberであるディープウェブ・アンダーグラウンドツイートリツイートされ、一部で注目を集めてファンが急増した。
  • 2018年7月24日にKAI-YOU虹乃まほろに記事に取り上げられる。
  • 2018年8月2日からYouTubeでのライブストリーミングを不定期で行なっている。
  • 2018年9月にYouTubeでのチャンネル登録者が1000人に到達した。
  • 2018年10月15日に2回目の自己紹介動画を投稿した。


語録集

以下、くおんたむの生配信やTwitterにて多く使われるワードである。

  • おは幼女・・・おはよう と 幼女 を組み合わせた造語である。
  • こんばんたむ・・・こんばんわ と くおんたむ を組み合わせた造語。主に生配信の際に使用される。
  • おつんたむ・・・お疲れ様を意味する おつ と くおんたむ を組み合わせた造語である。こちらも生配信の際に使用される事が多い。
  • ハイエース(案件)・・・トヨタの乗用車であるハイエースの事。幼女を誘拐する事件で多く使われる事、そしてくおんたむが幼女である事から使われる。

呼称

くおんたむ

幼女、くおん戦士ガンたむ、観る抗鬱剤、くおん

リスナー

オブザーバー

名張さよプロジェクト

新モデルを制作しているというプロジェクト。
公開予定については現在未定である。

外部リンク


関連タグ

バーチャルYouTuber 幼女

関連記事

親記事

バーチャルYouTuber ばーちゃるゆーちゅーばー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「くおんたむ(バーチャルYouTuber)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150

コメント